アシュリー・ワグナー選手優勝!女子はアメリカ勢が席巻 -2012スケートアメリカ・女子FS
b0038294_18343588.jpg
スケートアメリカが終了しました。
女子はショートプログラム(SP)で圧倒的な存在感を見せつけトップに立ったアシュリー・ワグナー選手がフリーでも貫録の演技を見せて優勝!2位にはSP、フリーともに会心の演技を見せたクリスティーナ・ガオ選手が自身初のグランプリシリーズ表彰台となりました。3位にはフリーで3ルッツ-3トウループ(3Lz-3T)を着氷したアデリーナ・ソトニコワ選手が入りました!!!


ISU Grand Prix Hilton HHonors Skate America 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****

<スケートアメリカ>女子・今井が5位 優勝はワグナー
 【ケント(米ワシントン州)小坂大】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ最終日は21日、女子のフリーがあり、ショートプログラム(SP)首位で昨季の4大陸選手権女王のアシュリー・ワグナー(米国)がトップとなる127.76点をマークして、合計188.37点で優勝。GPシリーズで初勝利を挙げた。SP7位の今井遥(大東大)はフリーで4位の107.82点を出して合計157.72点で5位となった。

 アイスダンスはフリーがあり、前日首位のメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組(米国)が合計176.28点で優勝した。

 ◇フリーでは4位「ほっとした」
 ○…フリーで4位の得点をマークした今井は「ほっとした」。序盤に予定した連続ジャンプで最初のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)が1度にとどまったが、滑りながら冷静に判断。別のジャンプを連続技に切り替えて乗り切った。演技の後半はモーツァルトの調べに乗って伸びやかに滑ってSPの出遅れを挽回した。昨夏に疲労骨折した右足甲の痛みが長引いた。練習も思ったようにできずに今年の4大陸選手権は9位と苦しんだ。「まだ油断はできないけど、痛みはなくなった」と今井。練習拠点の米国で指導する佐藤有香コーチは「失敗を重ねて、いい経験を積んでいる。我慢のとき」と成長に期待する。次戦はNHK杯に初めて出場する。今井は「日本に戻れるのが楽しみ」と笑みを見せた。

2012年10月22日 毎日新聞

*****



優勝はアシュリー・ワグナー選手!
b0038294_1855865.jpg


全く危なげないという感じで、自信を持って滑っていましたね。優勝するのは自分だという気迫に満ちていました。かっこよかった!
確かに今回のメンツを考えると、アシュリーの実力は抜きんでているという印象はありました。順当に、普通にやれば彼女が優勝だろうなという気持ちは正直なところ持っていました。
ですが試合では何が起こるか分かりませんし、逆に勝って当然とされる状況で勝つというのは非常にプレッシャーがかかると思いますので、彼女は決して気を抜かず、ベストを尽くしたのだと思います。まあ彼女は慢心したり他選手を見くびったりするようなタイプじゃないですけどね。

b0038294_18381937.jpg
b0038294_18552250.jpg


08-09シーズンの「スパルタクス」、昨季の「ブラック・スワン」や今季の「サムソンとデリラ」のような強いプログラムの彼女のすごく好きですし、09-10年のフリー「ダッタン人の踊り」のような女性らしい演技の彼女も好きですが、最近は「強さ」を出してきていますね。

b0038294_18554215.jpg


もうスケーターとして自信をつけているし、来季あたりガラッと雰囲気を変えて優しいプログラムも滑ってほしいなあ・・・と思うけど、ソチ五輪シーズンまではこの路線かな~。
アシュリーは今季も台風の目になりそうですね。3年前「あとちょっと」のところでバンクーバー五輪出場を逃した彼女が、今はソチ五輪の金メダル候補の一人にしっかりと食い込んでいる。素晴らしいです!
アシュリー、おめでとうございます!今季も素晴らしいシーズンとなりますように!!

b0038294_18555435.jpg
驚きすぎ(笑)そしてコーチがカジュアルウェアすぎてかわいい♪


Ashley Wagner 2012 Skate America FS -Samson and Delilah




2位はクリスティーナ・ガオ選手!素晴らしかった!
b0038294_1904791.jpg

フリーでジャンプのミスがあったりちょっと疲れてしまったりということが多かったガオ選手ですが、今回はホントに素晴らしかったです。最後まで伸びやかに滑りきり、ジャンプが決まるごとに笑顔が溢れて、最後は本当に楽しそうに、幸せそうに滑っていて見ていてじーんとしてしまいました。
彼女もハーバード大学に進学し、学業との両立は大変だと思いますが、今回自身初となるシニアのグランプリシリーズの表彰台は大きな自信とモチベーションになると思います。

b0038294_1962874.jpg
b0038294_1963543.jpg


彼女は思ったよりずっと良い形で成長してきていますね。滑りや身のこなしもこれまで端々に見えていた子どもらしい無頓着さのようなものが消えて、指先まで気を配った女性らしい演技が出来ていました。これはアメリカ女子に強力な伏兵が出てきましたね!ソチ五輪に向けてとても良い形で来ていると思います。このままの調子を保てれば今季大ブレイクの予感です!ガオちゃんおめでとう!これからも頑張って下さい!!


Christina Gao 2012 Skate America FS -Libertango




3位はアデリーナ・ソトニコワ選手!
b0038294_1913462.jpg


女子の3-3のコンビネーションジャンプが一番難易度の低いトウループ-トウループ(3T-3T)ばかりになってしまっている中、彼女は3Lz-3Tという難易度の高いジャンプを見事成功させました!
ここのところ彼女のルッツからの3回転コンビネーションは成功率が落ちていたので、ここで決められたのは大きかった!転倒やコンビネーションジャンプを跳びすぎてジャンプが1回ノーカウントになったりというのはあったのですが、ここでしっかり降りて、かつ加点ももらえたということで、今後の彼女のジャンプが変わってくるかもしれません。
ジュニアでは絶対的強さを見せていましたが、シニアデビューしてからはちょうど体が大人に変わる女子選手として一番難しい時期にさしかかったこともあり、ちょっと不安定な感じではあるのですが、この成功を自信にしてこの後の試合で思い切り跳べるようになるといいですね。試合で一度成功させると心理的にかなり大きいですから。

b0038294_19182610.jpg


今季のフリーは「バーレスク」なんですが、私としては、試合用プログラムは彼女にはもう1シーズン「ザ・王道」なものを滑ってほしかったなという気持ちが少しあります。ミドルティーンの子にセクシーなプログラムをさせてもなあ…というのがあるので。そして彼女は王道クラシックでも説得力のあるプログラムに仕上げる力量はあるので、そういうしっかりした曲でスケーターとしての格を上げて、更にお年頃になってから(っていうのも変ですが)満を持して女性らしいプログラムにしても良かったんじゃないかなと思いました。
とはいえ、今後このプログラムを彼女がどのように仕上げていくのか楽しみです。彼女がソチ五輪に向けて、シニアでしっかり手ごたえをつかむシーズンでありますように!
そうはいっても彼女はシニアで表彰台の常連になりつつありますね。これからもケガに気を付けて頑張って下さい!
おめでとうございます!


Adelina Sotnikova 2012 Skate America 2012 FS- At Last Blues/Burlesque




4位にヴァレンティナ・マルケイ選手が入りました!!
b0038294_211228.jpg


曲は「アーティスト」。こういうプログラムをさせたらマルケイ選手は無敵ですよね。ゴージャスな顔立ちなので豊かな表情が更に映えます。実況の方が「思わずこちらもほほえみを返したくなるような演技」と言っていましたが、その通りでした。
以前から表情豊かに楽しそうに滑る姿が印象的でしたが、ジャンプミスが目立つことが多かった。でも今大会マルケイ選手はすごく落ち着いて、安定しているように見えました。きっと自分でもレベルアップしたという手ごたえを感じてのシーズンインだったのではないでしょうか。
これはマルケイ選手、今季かなり成績を伸ばしそうな気がします。楽しみです!!!

b0038294_21252824.jpg



Valentina Marchei 2012 Skate America FS -The Artist



今井遥選手はSP7位からフリーのみの順位は4位を取り、総合5位に入りました!!
b0038294_21283689.jpg


*****

今井 巻き返し5位!自己ベストの合計157・72点
 ◇フィギュアスケートGPシリーズ第1戦スケートアメリカ最終日(2012年10月21日 米ワシントン州ケント)

 女子はショートプログラム(SP)で7位だった今井遥(19=大東大)がフリーで4位となり、自己ベストの合計157・72点で5位に入った。昨季世界選手権4位のアシュリー・ワグナー(米国)がSP、フリーとも1位の188・37点でGP初優勝を果たし、クリスティナ・ガオ(米国)が174・25点で2位、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が168・96点で3位だった。

 心の成長を感じさせた演技だった。SPで出遅れた今井が「自信があった」というフリーで順位を2つ上げた。「ミスを最小限に抑えられたのが良かった」と喜んだ。

 序盤に予定していた2回転半―3回転の連続ジャンプが単発になった。これまでなら気落ちしたが、その後の3回転に2回転を足して連続技に。後半も一度は跳び損ねた3連続ジャンプを決め、モーツァルトの優雅な曲調を美しいスピンで表現した。

 昨季は疲労骨折した右足甲の痛みに悩まされ、四大陸選手権で9位と精彩を欠いた。その悔しさを今季にぶつけている。佐藤有香コーチは「この大会に間に合うか心配だった。よく頑張った」とねぎらった。練習拠点のデトロイトでは運転もできるようになったという大学1年生は「次のNHK杯は初めて。ワクワクしている」と声を弾ませた。

2012年10月23日 スポニチアネックス

*****


遥ちゃんが笑顔で終われてよかったです!
昨季本当にもどかしい思いをしたと思いますが、有香さんとダンジェンさんとともに地道にやってきた成果が出始めていますね。ミスはありましたが、それ以外の要素では結構個別の加点が平均して高いんですよね。質の良い滑りとジャッジに認められた証です。
マルケイ選手といい遥ちゃんといい、有香さんの教え子が順調に実績を伸ばしつつありますね。

b0038294_21395029.jpg


次はNHK杯。
暫く時間があるので今回見つけた課題などを修正して、更に素敵な演技を見せてくれると思います。楽しみですね。
良いシーズンスタートを切れて良かった!次も楽しみにしてます!!


Haruka Imai 2012 Skate America FS -Divertiment

彼女のスピンは回転が速くて小気味いいですね。


5位にマエ・ベレニス・メイテ選手!
b0038294_22203523.jpg


この衣装凄い!これを着こなすメイテ選手凄すぎる!!!
安藤美姫選手のクレオパトラもかなりインパクトのある衣装でしたが、安藤選手は色鮮やかな組み合わせが印象的でした。でもメイテ選手はオール金色!!でも似合ってますね。
今季はエジプト系のプログラムが多いですね。以前はカルメンとかフラメンコとかが席巻した時期もありましたが、最近こちらがトレンドなんですかね。

メイテ選手は以前の粗さがだいぶ無くなって、演技が見るたびに洗練されてきているように感じます。このプログラムも力強いのだけど柔らかい感じもあり、このプログラムもこれから出来上がっていくのが楽しみです。
次は地元・フランス杯ですね。頑張って下さい!!

b0038294_22341427.jpg



Mae Berenice Meite -Abou Simbel, etc.

メイテ選手って美人ですよね。彼女の顔というか表情が好きです。かわいい。


アリョーナ・レオノワ選手はフリーのみの順位は5位でしたが、SPの遅れを取り戻せませんでした。
b0038294_22441121.jpg


やはり3T-3Tはセカンドジャンプでミスが出てしまいました。昨季までの彼女にはありえないといっていいことでしたが、ジャンプがどうもうまくいきませんでしたね。跳び急いでるということなんでしょうか。殆どのジャンプで軸が斜めになってしまっていて着氷にうまくつなげないという感じ。
あと上半身の動きが少ないというか、ステップ等で手は動かしているのだけれど上半身の上下の動きがあまりないのでちょっと硬い動きに見えてしまいます。
SPよりはスピードは出ていましたが、うーん、怪我とかしていないといいのですが・・・

b0038294_22483596.jpg
演技開始前のこの表情にくぎづけになりました。アリョーナの目の色ってすごく美しいというか魅力的だと思います。


あと、なんかモロゾフとケンカでもしてる?というくらい、アリョーナが一切モロゾフと目を合わせようとせず、モロゾフが話しかけても完全スルー。何度か話しかけられたあと、「はあ?」みたいなちょっと呆れたような感じで大きく目を見開いて見せていました。言い方は悪いけれどちょっと不貞腐れているようにも見え、何かあったのかなと思ってしまいました。

b0038294_22555628.jpg


何があったとしても、気持ちがちゃんとしないまま練習や試合をすると思わぬ怪我をすることもありますし、しっかり話し合って足並みをそろえて行って欲しいですね。今季は本当に大事なシーズンですし。
彼女は今季ソチで行われるファイナルへの出場の可能性はほぼ断たれてしまいましたが、次のロシア杯では彼女らしいはじけるような笑顔を見たいですね。
お疲れ様でした。


Alena Leonova 2012 Skate America FS -Poeta




男子は日本勢が表彰台を独占しましたが、女子は地元アメリカがプライドを保ち1位と2位をしっかりゲット。男子ほど伯仲の戦いという感じではなかったけど、良いプログラムを沢山見られましたし、今季への期待を更に高めてくれた良い大会だったと思います。
これから毎週末試合が続くという怒涛の展開になり、選手の皆さんもいよいよエンジンがフルにかかりますね。怪我のないように、充実したシーズンを送ってほしいと思います。
頑張って下さい!!!

b0038294_231317.jpg


<関連コラム>
小塚崇彦選手が逆転優勝、日本選手が表彰台独占の快挙 -2012スケートアメリカ・男子FS  2012年10月22日
アシュリー・ワグナー選手が貫録の首位スタート -2012スケートアメリカ・女子SP  2012年10月21日
羽生結弦選手トップ!小塚選手2位&町田選手4位の好スタート! -2012スケートアメリカ・男子SP  2012年10月20日

2012年グランプリシリーズ開幕!  2012年10月19日
2012-2013グランプリシリーズのアサインメント発表!  2012年5月21日



by toramomo0926 | 2012-10-23 18:34 | フィギュアスケート


<< 良くも悪くも予想外の展開 -2... 小塚崇彦選手が逆転優勝、日本選... >>