キーラ・コルピ選手優勝、女子でファイナル一番乗りを決める -2012ロシア杯
b0038294_186635.jpg

2012年ロシア杯女子シングルは、キーラ・コルピ選手が2010年のフランス杯以来2年ぶりにグランプリシリーズ(GPS)での優勝となりました!
2位には今季シニアデビューのアメリカの新星グレイシー・ゴールド選手、3位には今季復調の兆しが見えるアグネス・ザワツキー選手が入り、アメリカ女子の層の厚さを見せつける結果となりました!
村上佳菜子選手は僅差で表彰台を逃し4位。ファイナル出場を逃してしまいました。残念。


ISU Grand Prix Rostelecom Cup 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****

コルピが優勝、村上は表彰台逃す ロシア杯
【AFP=時事】12-13フィギュアスケートGPシリーズ第4戦ロシア杯は10日、モスクワのメガスポルトで女子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、フィンランドのキーラ・コルピが115.64点を記録し、合計177.19点で優勝を飾った。

 2012年のフィギュアスケート欧州選手権で銀メダルを獲得したコルピは、ショートプログラム(SP)2位から発進し、エンニオ・モリコーネ氏作曲の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の楽曲に乗せ、小さなミスはあったものの見事な演技を披露し、FSでの自己記録を更新すると共に、合計点でも自己最高点を記録した。

 SP首位のグレイシー・ゴールドは、FSで112.87点を記録しこちらも個人ベストとなる合計175.03点としたものの、コルピには2.16点及ばず2位となった。米国のアグネス・ザワツキーが合計166.61点を記録し3位に入った。

 日本の村上佳菜子は合計166.34点で4位に入った。【翻訳編集】 AFPBB News

2012年11月11日 AFPBBニュース

*****



優勝はキーラ・コルピ選手!おめでとうございます!!
b0038294_168334.jpg

2週連続の試合、しかも中国とロシア(そして自分の国はフィンランド)というかなり日程&移動(時差)的に厳しいスケジュールの中、ファイナル一番乗りを決めました。
中国杯ではジャンプを跳び急いでしまっていましたが、今大会は落ち着いていましたね。転倒はありましたが冒頭の3トウループのコンビネーション(3T-3T)は幅がありきれいでした。
ただ、ジャンプは戻ってきましたが、演技や滑りで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の緊張感を表現しきれてはいなかったように思います。違う曲でもそのままキーラの演技として成立しそうな感じにもとれました。
それは今後、ファイナル以降どのようにこなれてくるか注目ですね!



Kiira Korpi 2012 Rostelecom Cup FS -Once Upon A Time In America

表彰式の写真が3人一緒のはあるのですが、メダリストのワンショットの写真が今大会見つけられず、かつキーラはスピンの時の写真ばかりで、良い写真がどうにも見つかりません・・・(涙)



2位にグレイシー・ゴールド選手!
b0038294_1871427.jpg


彼女を見てると、「アメリカの模範的なティーンエイジャー像」という感じがしてしまいます。若くて美しくて明るくて素直で聡明で、そしてブロンド(笑)
こういう健康的な女の子は見ていてこちらもにこにこしちゃいますね。スケートカナダで思うような演技が出来なかった分を取り返して余りある成績です!
3ルッツ-3トウループ(3Lz-3T)を跳んでくれたのも嬉しい!スピードもあり、スピンも美しく早く、とてもきれいでした。アメリカ女子のソチ五輪枠争いに強力な新しい力が出てきました。17歳ということで、大人の体型や体質への変化もここから大きく変化することもないのではないかと思いますし、順調にいけば彼女もソチ五輪メダリスト候補の一角に食い込むことになると思います。

b0038294_1658454.jpg
b0038294_1872819.jpg


五輪のアメリカ女子といえばバンクーバー五輪の時も選考は熾烈を極めましたが、今見てみると出場が叶わなかったアシュリー・ワグナー選手が今トップとして君臨してますよね。同じく全米を引っ張るアリッサ・シズニー選手も実は五輪には出ていません。わからないものですね。
ですが彼女たちは出られなかったことで奮起しての今の地位があるようにも感じます。出ようが出まいが、その選手の最終的な評価はそのあり方、取り組みでいくらでも変わるものなのですね。グレイシーはこれからスケーターとしてのグレイシー・ゴールドをしっかり作り上げて欲しいと思います。



Gracie Gold 2012 Rostelecom Cup FS -Life is Beautiful




3位にアグネス・ザワツキー選手!
b0038294_17495582.jpg


彼女はシニアデビューの年は大ブレイク、軽々とジャンプを跳び小鹿のような躍動感のある演技を見せていましたが、体の成長とスケートとのアジャストに昨季は苦労していました。ですが今年の全米選手権で3位に入り、今季は順調に成績を伸ばしていますね。体の成長が落ち着き、クリスティ・クラールコーチのもとで技術をしっかり磨いている成果が出てきたのでしょうね。よかったです。

b0038294_1756022.jpg


体はがっちりしているのですが随分スケートもスムーズに滑るようになり、スピードも出てきて、以前のような体が重そうな感じがなくなって自分の思う通りに滑ることが出来て来てるんだろうなという感じがしました。体の動きもとても大きくていいですね。
ソチ五輪に向けてとても良いスタートだと思いますし、ソチの頃には更にシニアのスケーターとして大きく羽ばたきそうな予感。今後彼女には注目して行きたいです。
おめでとうございます!



Agnes Zawadzki 2012 Rostelecom Cup FS -Rhapsody In Blue




4位に村上佳菜子選手。惜しかった!!表彰台まで0.3点もなかった…
b0038294_1831246.jpg


*****

村上、アクセル抜かし4位に 3位に0.27点差=フィギュア・ロシア杯女子フリー
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦ロシア杯第2日が10日、モスクワで行われた。女子シングルのフリー(FS)では、キーラ・コルピ(フィンランド)が177.19点で2季ぶりの優勝を飾った。SP首位の17歳、グレイシー・ゴールド(米国)は175.03点で2位。SP6位の村上佳菜子(中京大中京高)は、3位と0.27点差の166.34点で4位となった。

 SP6位と出遅れた村上。巻き返しを期してのフリーに臨んだ。最初の3回転ルッツはエッジミスの判定。続く3回転ループ、SPで決められなかった3回転フリップは成功した。しかし、フリーで必須のアクセルジャンプを抜かし、その影響で後半の3回転トゥループも無効に。SPでの出遅れもあり、表彰台をわずかの点差で逃した。

2012年11月10日 スポーツナビ

b0038294_1841447.jpg


佳菜子4位「アクセル忘れた」/フィギュア
 村上佳菜子(18)が総合166・34点の4位に終わり、ファイナル出場が難しくなった。

 演技を終えた村上が嘆いた。「アクセル、忘れちゃった」。中盤の2連続ジャンプ後半の2回転半(ダブルアクセル)を跳べなかった。組み込む必要があるアクセルジャンプを1度も行わなかったため、最後の3回転トーループが「0点」扱いの大減点。3位ザワツキーとは0・27差で、アクセルが入れば表彰台だった。「(ファイナル進出は)多分無理だと思う。全日本選手権に向けて練習していきたい」とレベルアップを誓った。

2012年11月11日 日刊スポーツ

*****



まだ18歳になったばかりとはいえ、佳菜子ちゃんはスケートエリートで経験も充分に積んでいる選手。それでも構成を飛ばしてしまう事ってあるんですね。今回のミスはザヤック・ルール(同じ種類のジャンプを跳びすぎてしまう違反)とは違いますし、珍しいケースだと思います。

b0038294_18123789.jpg
b0038294_1812496.jpg


それだけ、ソチ五輪のリハーサルが出来る今年のファイナルに出たいという気持ちは強かったんでしょうね・・・
多分表彰台を逃してしまうとファイナル行きは難しいですが、本人のコメントを見ると「全日本に向けて頑張る」と頼もしい言葉。
今季はソチで行われるからスペシャル感がありますが、ファイナルは基本的にはグランプリシリーズというひとつ試合の決勝(?)であり、シーズンの試合として重要なのは全日本と世界選手権だというのは同じです。気持ちを引きずらずに、全日本までの時間を有効に使って、更に成熟したタンゴとSPの美しい世界を作り上げていって欲しいです。



Kanako Murakami 2012 Rostelecom Cup FS -Piazzolla Selection

曲はピアソラのアルゼンチンタンゴを3曲繋ぎ合わせているそうなのですが、全部のタイトルを書ききれないので、ここでは勝手に「ピアソラセレクション」とさせて頂きました。正確な曲名はISUのバイオグラフィーをご覧ください。



5位にはアデリーナ・ソトニコワ選手!
b0038294_18295337.jpg


彼女は今、ザワツキー選手が乗り越えつつある体の変化への対応の真っ最中と思われます(16歳)が、なかなか苦労しているようですね。最近はジャンプの安定感が全くなくなってしまっています。
また、今季彼女にこのような曲で滑らせる必要はあったのだろうかとやっぱり考えてしまいます。エキシビジョンならまだしも競技用プログラムですし、いきなり女性の圧倒的な、重量感のあるボーカルから入る「バーレスク」を16歳の少女に滑らせるのはちょっとちぐはぐな感じがしますし、いくらアデリーナでも、緊張する試合のプログラムであの歌声をねじ伏せて支配する演技をしろ、というのはちょっとハードルが高すぎるように感じてしまいます。

私がクラシックを滑るアデリーナが好きすぎるのかもしれませんけども(笑)この年齢で「ボレロ」をあれ程見ごたえあるプログラムに出来るのだから、もう1年きっちりクラシックをやらせて「正統派」というイメージを作っても良かったんじゃないかなと思うんですよね…

今が一番大変な時だと思います。これを乗り越えればソチ五輪では安定した演技が出来ると信じて、怪我に気をつけながら気持ちを切らさずに頑張ってほしいと思います!!



Adelina Sotnikova 2012 Rostelecom Cup FS -At Last Blues/Burlesque




6位にアリョーナ・レオノワ選手です。
b0038294_18475139.jpg


彼女は昨季の躍進から一転苦しいシーズンスタートとなってしまっていますね。練習では出来ているのに試合ではなぜか出来ない、と話していたという記事を読みました。
これは全ての選手が多かれ少なかれぶつかる問題ではありますが、昨季世界選手権銀メダリストとなって、今季ソチ五輪へ大きなステップと考えていたに違いありません。また、ロシアではソチ五輪を睨んで育成されてきた国内の若手がどんどん参入していますが、トリノ五輪でスルツカヤ選手が引退してから、これまでずっと一人でロシアの国旗を背負い、世界選手権の枠を取ってきていたのは彼女ですから、自分がロシア女子を引っ張ってきたという自負もあるでしょう。やすやすと若手に奪われたくない気持ちは絶対にあると思います。

b0038294_190329.jpg


ソチまでまだ時間はありますから焦らないでひとつひとつ乗り越えて行って欲しいですね。モロゾフコーチとよく相談して、また演技中の明るい笑顔の彼女を見たいと思います。



Alena Leonova 2012 Rostelecom Cup FS -Poeta en la mar

ジャパンオープンで、曲名に「海の詩人」とあったのを見て全然ピンとこなかったんですが、確かにタイトルはその通りなんですね・・・私が間違ってました。ランビエールさんの時のタイトルが「ポエタ」だったので、全然海という言葉は想定してませんでした。



ちょっと女子は全体的に大人しめな感じがしましたが、だんだん今季の顔ぶれや勢いみたいなものが見えてきた大会となりました。
今週末はフランス杯。今一番乗りに乗っているアシュリー・ワグナー選手、スケートアメリカで初の表彰台に立ち勢いに乗るクリスティーナ・ガオ選手、そして中国杯で大いに話題をさらったユリア・リプニツカヤ選手&同じくロシアの若い力であるエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手と、濃いメンツが揃っています。どういう試合になるのか楽しみですね。

選手の皆様、お疲れ様でした!!!

b0038294_1993758.jpg



<関連コラム>
パトリック・チャン選手首位、メンショフ選手2位&小塚選手3位 -2012ロシア杯・男子SP -2012年11月10日
グレイシー・ゴールド選手が会心の演技でSP首位 -2012年ロシア杯  2012年11月10日

町田樹選手GPS初優勝!ファイナル一番乗りを決める -2012中国杯・男子シングル  2012年11月5日
浅田真央選手今季初優勝! -2012中国杯・女子シングル  2012年11月4日
高橋大輔選手&町田樹選手がワンツー発進! -2012中国杯・男子SP  2012年11月3日
リプニツカヤ選手トップスタート、浅田真央選手僅差の2位! -2012中国杯・女子SP  2012年11月3日
厳戒態勢の中、中国杯はじまる  2012年11月2日

日本スケート連盟、警備付きで中国杯への選手派遣へ  2012年9月24日
日本スケート連盟、中国杯への選手派遣中止の可能性を示唆

ハビエル・フェルナンデス選手、GPS初優勝! -2012スケートカナダ・男子シングル  2012年11月1日
ケイトリン・オスモンド選手がデビュー戦勝利&日本選手二人が表彰台に! -2012スケートカナダ  2012年10月28日
良くも悪くも予想外の展開 -2012スケートカナダ・女子SP  2012年10月27日

アシュリー・ワグナー選手優勝!女子はアメリカ勢が席巻 -2012スケートアメリカ・女子FS  2012年10月23日
小塚崇彦選手が逆転優勝、日本選手が表彰台独占の快挙 -2012スケートアメリカ・男子FS  2012年10月22日
アシュリー・ワグナー選手が貫録の首位スタート -2012スケートアメリカ・女子SP  2012年10月21日
羽生結弦選手トップ!小塚選手2位&町田選手4位の好スタート! -2012スケートアメリカ・男子SP  2012年10月20日

2012年グランプリシリーズ開幕!  2012年10月19日
2012-2013グランプリシリーズのアサインメント発表!  2012年5月21日



by toramomo0926 | 2012-11-13 16:20 | フィギュアスケート


<< パトリック・チャン選手と小塚崇... パトリック・チャン選手首位、メ... >>