浅田真央選手、「最高の演技」で首位発進!-2012NHK杯
b0038294_1416819.jpg
2012年グランプリシリーズ(GPS)の最終戦・NHK杯。
女子ショートプログラム(SP)で浅田真央選手が、彼女自身が珍しく「最高の演技」と評した会心の演技でトップスタートとなりました!
2位には欠場したアリッサ・シズニー選手のピンチヒッターとして急遽出場が決まった長洲未来選手、3位には今季シニアデビューの中国の新星、15歳のジジュン・リー選手が入りました!!
鈴木明子選手は3ルッツ(3Lz)が抜けてしまい5位スタート。ですが点差はそれほどありませんので巻き返す可能性はあります!!!


ISU Grand Prix NHK Trophy 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****

真央、今季ベストで首位スタート 鈴木は5位=NHK杯・女子SP
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は23日、宮城セキスイハイムスーパーアリーナで女子ショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央がSP今季ベストの67.95で首位に立った。2位は長洲未来(米国)、3位には李子君(中国)が続いた。

 また、大会連覇を狙う鈴木明子は58.60で5位と出遅れ、今井遥は48.10で9位だった。

2012年11月23日 スポーツナビ

NHK杯フィギュア・談話
◇最高の演技できた
 浅田真央
 中国杯と同じような最高の演技ができた。SPはミスなしが目標だったので、フリーにつながるいい滑りだった。フリーも気を抜かず頑張りたい。

◇スピード足りなかった
 鈴木明子
 ルッツに入る前に、スピードが足りなかった。その後は気持ちを切り替えて演技できたが、お客さんを盛り下げてしまった。フリーでは集中したい。

◇あしたは伸び伸びと
 今井遥
 緊張した。最初のジャンプで失敗してしまい、全体的に落ち着いてできなかった。あしたは伸び伸びと滑りたい。

2012年11月23日 時事通信

*****



浅田真央選手が67.95という今季女子SP最高点で首位に立ちました!
b0038294_1224342.jpg


*****

真央「最高の形」SP今季世界最高67・95点…フィギュアNHK杯
 女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(22)=中京大=は今季世界最高の67・95点で首位発進した。鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は58・60点で5位、今井遥(19)=大東大=は9位。男子は17歳の羽生結弦(ゆづる、東北高)が自身のSP世界最高点を更新する95・32点でトップとなり、高橋大輔(26)=関大大学院=は87・47点で2位。村上大介(21)=陽進堂=は演技中に転倒し、右肩脱臼で棄権した。

 フレッシュな蛍光オレンジの衣装にポニーテール。キュートな真央が被災地に明るさを届けた。2009年の国別対抗で出した75・84点には及ばなかったが、67・95点は中国杯の得点を5点以上上回り、SP今季世界最高。真央は「マイナスポイントがなくて、入っている要素を最高の形でできた。たくさんの応援をパワーに変えて頑張れた」と喜んだ。

 真央が東北に来たのは昨年夏に青森・八戸で慈善アイスショーを行って以来。実は今大会の会場は、東日本大震災後に約1000人の遺体安置所として使われた場所でもあった。真央は「仙台のお客さんにいい演技を見せたい」と復興への願いを込めて盛り上げた。

 曲はカナダ人振付師のローリー・ニコル氏が「毎日リンクに来るのが楽しくなるように」と選んだ軽快なジャズ。満面の笑みを見せたり、口を大きく開けておどけるなど喜劇女優のようにコロコロと表情を変えた。「かわいい振り付けを見せたい」。ジュニア時代に戻ったようなハツラツとした演技を見せた。

 大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は抜いたが、“小技”で点を稼いだ。冒頭の2回転半は滑る前に左足を振り上げ、着氷時は鳥の羽のように両手を広げるしぐさを入れたことで出来栄えの評価がアップし、約1点の加点をもらった。

 昨季は母・匡子さん(享年48歳)の死と成績不振に苦しみ、周囲の関係者も「元気がなかった」と振り返る。今季、元気になるヒントをくれたのは「読書」。以前は「本が嫌いで苦手意識があった」というが、読書好きの佐藤信夫コーチ(70)を見習って苦手を克服。「『奇跡を起こす魔法の言葉』とか平常心を保つ法則とか、自分を励ますような本を読みます」。今では休日に書店に行くのもリフレッシュ法になった。

 4位以内に入れば、五輪プレ大会を兼ねてソチ五輪会場で行われる12月のGPファイナル進出が確定する。「今日のSPは明日につながる。フリーは気持ちを切り替えて頑張りたい」と真央。5季ぶりのGP2連勝で、ソチ行きの切符をもぎ取る。

2012年11月24日 スポーツ報知

b0038294_1237473.jpg


真央自画自賛「最高」SP今季世界最高で首位発進
 大舞台が見えた。女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(22=中京大)が67・95点の今季世界最高得点をマークして首位発進。今大会4位以内で進出が決まるGPファイナル(12月6日開幕、ロシア・ソチ)へ、好位置につけた。鈴木明子(27=邦和スポーツランド)は58・60点で5位、今井遥(19=大東大)は48・10点で9位だった。

 明るい曲調の演技を、明るい笑顔で締めくくった。氷上に映えるオレンジの衣装に身を包んだ浅田が、完璧なSPを披露。コミカルにキュートに、表情を変えながら「アイ・ガット・リズム」の2分50秒を完遂した。「最高の演技ができた。かわいい振り付けを見せられたらいいと思った。SPはミスなくっていうのが目標だった。入っているエレメンツを最高の形でできた」。今月上旬の中国杯でマークし た62・89点を上回り、今季世界最高となる67・95点で首位発進だ。

 昨季は世界選手権6位に沈むなど、どん底を味わったが、雪辱を期す今季は中国杯で優勝。同大会後、満足感に浸ることなくNHK杯に向けてジャンプを中心に修正してきた。中国杯では工夫のなかった冒頭のダブルアクセルは踏み切り前に左足を上げ、着氷後に両手を天に突き上げる新バージョンに。「少しでも加点をもらえるようにした」。出来栄え評価でジャッジの加点を引き出すと、中国杯で回転不足だった3回転フリップもクリーンに成功し、スピンとステップでは最高難度のレベル4を獲得した。

 昨年3月11日に発生した東日本大震災の被災地・宮城で開催される今大会には、特別な思いがある。昨年7月、浅田は慈善演技会のため青森県八戸市を訪れ、ショーの前に津波の被害を受けた海岸を見て、言葉を失った。東北を訪問するのは、約1年4カ月ぶり。「いい演技を見せられるように頑張りたい」。今大会の会場は震災直後、遺体安置所として使用されて いた。振付師のローリー・ニコル氏が「毎日リンクに来るのが楽しみになるような振り付けと曲にした」と言うSP。大きな悲しみが少しでも癒えるように、浅田はとびっきりの笑顔で舞った。

 今大会で4位以内に入れば、14年五輪開催地のロシア・ソチで行われるファイナル進出が決まる。昨季のファイナルは母・匡子さん(享年48)の容体が悪化して緊急帰国したため、出場を断念した。「五輪が近づいている感じを味わいたい」と言う大舞台を目指し、SP首位で最高のスタート。24日のフリーにもトリプルアクセルは組み込んでいないが、完成度の高さで勝負する。「きょうのことは忘れて、また明日から頑張りたい」。日本人初のGPシリーズ10勝目で、ファイナル切符に花を添える。
b0038294_18305153.jpg
演技後、佐藤久美子コーチとハグ。

佐藤コーチも浅田称賛「練習通りできた」
 名伯楽も好演技を称えた。珍しく会見場に姿を見せた佐藤信夫コーチは、「(宿舎への)バスに乗るのに置いて行かれると困るので…」と笑みを浮かべると、浅田のSPを高評価。「良かったと思います。スッキリ、きれいに滑り切れた。練習通りできた」と印象を口にした。

 浅田のコーチに就任してから、3季目に突入。「まだ発展途上。もう少し時間がかかる」と言うものの、師弟の信頼関係が今季の好結果を生んでいる。

2012年11月23日 スポニチアネックス

*****


b0038294_14175559.jpg


本当に素晴らしい演技でした。全ての要素で減点ゼロ、回転不足も取られることなく、笑顔でのびのびと滑り切りました。
NHK杯は割と氷の軌跡がよく見えるのですが、真央選手のスピンはポジションを何度変えてもブレず、同じ場所で小さい円を描き続けているのがはっきりわかりますね。
真央選手が自分の演技をここまで手放しで喜ぶのは本当に珍しいことで、それだけ練習の成果を出せた、できることを全てやれたという手ごたえがあったんでしょうね。最初からワクワクして、見ていると自然にこちらも笑顔になり幸せになるような、真央選手の本質というか彼女自身の良さが強く出た演技となりました。
躍動感と活力に溢れ、真央選手がこのオフで取り戻した「滑る喜び」、ひいては生きる喜びみたいなものが溢れているように感じられます。なんだか見ていてこちらまで「生きてるって素晴らしい」と感じるような・・・といったら大げさですかね(笑)でも本当に見ている人に高揚感を与えるプログラム、演技だと思います。
さきにあげた記事にもありましたが、母親を亡くし、競技的にも満足できず、一時スケートを辞めることも考えたという真央選手を元気づけるプログラムを作ってくれたローリー・二コルさんに心から感謝したいと思います。

雑誌「Number」に、ローリーのコメントが載っていました。真央選手がローリーのところに振付に行った時には、まだ彼女は気持ちの整理がつかず引退を含めて今後について悩んでいた時だったようですが、真央選手を見て彼女はこう決意したそうです。

「マオが今回私のところに来たとき、美しくてちょっと寂しい音楽で滑ることをイメージしていたようでした。
でも私は彼女に再び人生とスケートを楽しむ気持ちを取り戻してあげなくてはならない、と感じたのです。
毎日リンクで耳にするたびに、彼女の元気が出る音楽を使おう、と」

「彼女の軽やかさ、純粋さ、愛らしい躍動感などを引き出したかった。二人でやった振付作業は本当に楽しくて、マオを見ているとまるで太陽が昇ったような感じがしました」


b0038294_14462573.jpg
真央選手のブログより。
ローリーは世界で一番と言っていいほどの人気振付師で超多忙な人物。そんなローリーが、振付作業だけでなく真央選手を自宅に招待し、遊びや食事など一緒に過ごして彼女を元気づけてくれたんですね。
真央選手がシニアデビューの年に大ブレイクした「くるみ割り人形」から、バンクーバー五輪のシーズン以外は毎年彼女のプログラム作りに関わってきたローリーだけに、本当に真央選手を可愛がってくれているのがわかります。ローリー、本当にありがとう!!!


このプログラムは今、スケートを通じていろんなことを潜り抜けてきた真央選手が滑るからこそ良いんだろうなと思います。
シニアで戦う日々の中でいろいろな経験をし、あらゆることを考え抜いた末に滑る喜びを再び見出した今だからこそ、この無邪気なプログラムを表現できるだけの説得力が生まれているように思います。
15歳の頃のようでありながら、確実にこちらに訴えかけるパワーは絶対に15歳の頃には出せなかったものがあります。今このプログラムが多くの人に支持されているのは、それだけ真央選手が笑顔の裏でいろいろ悩んだり苦しんだり格闘したりした日々のエッセンスが、この弾けるような演技の中に確実に入っているのがわかるからだと思います。

b0038294_1421757.jpg
b0038294_14212289.jpg
b0038294_14214493.jpg
b0038294_1422598.jpg
b0038294_1511496.jpg
b0038294_1512631.jpg


技術的にも自分の中で確信を得ているようですし、信夫コーチに師事して頑張った成果が本当の意味で出てきましたね。真央選手が自信を持って楽しんで滑れることがファンとしては本当にうれしいです。

フリーの白鳥の湖が今から楽しみで仕方ありません。どうか真央選手が満足できる素晴らしい演技となりますように!!!



イタリア解説のフランカさんとアリアンナさん(と今回不在だけどファブリツィオさん)は選手に愛情あふれるコメントをしてくれてうれしいです。



2位は長洲未来選手!!
b0038294_15221897.jpg


*****

長洲、チャンス生かすか=NHK杯フィギュア
 米国代表の19歳、長洲がSP2位と好発進。3回転の連続ジャンプを決め、ステップやスピンもミスなくまとめた。「3回転のコンビネーションを試合で成功させたのは、14歳のシーズン以来。うれしい」と言葉が弾んだ。
 バンクーバー五輪で4位に入って期待されたが、昨季の不振が影響し、今季のGP出場は中国杯だけの予定だった。その中国杯では4位と健闘。今大会は欠場者が出たための代替出場だったが、2位以内に入ればGPファイナル出場の可能性もある。「フリーでもベストの演技ができれば」。チャンスを生かせるか。

2012年11月23日 時事通信

*****


ちょっといま記事のリンクが探せないのですが、「14歳以来の3-3を決められて嬉しい。今季GPSに一試合しか出られないと決まった時はショックだったが、ルールはルール。でも中国杯の後モチベーションがとても高くなり、すぐに練習に戻った。だから(欠場の選手が出て)NHK杯に出られるという電話を受けた時は本当に嬉しかった」と話していたそうです。
私はミライちゃんがスケートに気持ちを戻してくれたことが本当に嬉しい。彼女はもともとものすごいポテンシャルの選手ですから、彼女もオフにいろいろあった中でピンチヒッターの試合でSP2位というのは素晴らしいですね。ミライちゃんの演技中の表情がすごく良い表情をしていたので、これはもしやと思っていたのですが、彼女も戻ってきてくれましたね!

b0038294_15393167.jpg
b0038294_15393898.jpg
b0038294_15394740.jpg


ミライちゃんも2位以内ならファイナル決まるんですかね?これは是非頑張ってほしいと思いますね。
彼女のエネルギーあふれる演技がフリーでも見られますように。
頑張ってください!!!


Mirai Nagasu 2012 NHK Trophy SP -Downhill Special

「ミライ・ナガスさん」と日本語で言うとどうしても違和感が(笑)



3位にはジジュン・リー選手!
b0038294_15524683.jpg


彼女は素晴らしいデビューイヤーを過ごしていますね。ジャンプ構成はトップ選手と変わらないものをしっかりこなしています。
ですがやっぱり滑りはまだジュニアジュニアしているんですけど、かわいいので許しちゃう感じ(笑)でも緊張するSPをしっかりまとめ上げるのはすごいです。小枝のように細くて折れてしまいそうな感じなのですが、手足が長くて頭が小さく、柔軟性もあり振付などのポジションもきれいなので、とても見栄えがしますね。スピンは3つ中2つでレベル4を獲得しています。

b0038294_15542650.jpg
b0038294_155443100.jpg


まだ若い…というか体が子供なので仕方ない面もあるのですが、今後は体力をしっかりつけることと、ステップなどのエッジワークの強化が重要ですね。これはリプニツカヤ選手などもそうですが、やはりジュニアから上がったばかりの選手はエッジが甘かったりしてステップなどのレベルがとれない場合が多い。あと、身が軽いのでジャンプは簡単に跳べますが、振付やジャンプ構成を「こなす」程度にとどまってしまい、音楽を自分のものにして表現するというところまでは行っていない。彼女のSPは「黒い瞳」で、終盤につれてだんだん音が力強く、テンポもどんどん速くなっていくのですが、そのような音楽の変化に演技がついていけていませんでした。
若いうちはそれも見ていて初々しくかわいらしいのですが、これからシニアで残っていこうと思ったらそこは絶対に越えなければなりません。女子においてはシニアデビューの年よりも翌年以降が正念場になり、力が試されていくので、是非頑張ってほしいと思います。


Zijun Li 2012 NHK Trophy FS -Dark Eyes




4位はクセニア・マカロワ選手!
b0038294_1664756.jpg


久しぶりに彼女の会心の演技を見ることができました!本当に嬉しいです。美しかった!
3ループ(3Lo)では減点はありましたが、彼女が演技後に笑顔を見せたのを見て安心しました。

b0038294_1611446.jpg
b0038294_16111680.jpg


彼女もロシア国内の代表争いでは若手の突き上げがあったりして、その中で体の成長とも対峙せねばならず、苦しいシーズンを送りましたが、今季はどうやら落ち着いてきそうですね。ソチに間に合うといいと思います。
彼女の誇り高い風貌と美しい演技、そしてキレのあるジャンプがハマった時は本当にゾクゾクするような素晴らしいプログラムになるので、フリーで是非表彰台を狙ってほしいと思います。良いステップアップの大会になりますように!!


Ksenia Makarova 2012 NHK Trophy SP -Maria and the Violin's String




鈴木明子選手はまさかの5位スタートです。
b0038294_1619034.jpg


*****

鈴木3回転ミス5位もフリーには自信あり
 連覇を狙う鈴木は5位と出遅れた。最初2連続3回転ジャンプに成功したが、「うまくやろうとして守りに入ってしまった」と続く3回転ルッツが1回転になるミス。だが、昨季の世界選手権はSP5位から3位、10月のスケートカナダもSP5位から2位で、フリーには自信を持つ。

 仙台は東北福祉大時代に過ごした第二の故郷でもあり「拍手が凄く温かかった。世話になった感謝の気持ちを持って滑りたい。今できることをすれば、結果はついてくる」と巻き返しを誓った。

2012年11月24日 スポニチアネックス

*****


ああ、かえすがえすも3Lzが惜しかった・・・(涙)3-3を決めた時はこれはいける!!と思ったんですけどね~。
でも、明子選手の素晴らしいところは、ミスがあってもしっかり気持ちを切らさず落胆や動揺があっても表に出さず、曲の世界を最後まできっちり演じ切ること。これでミスをしたという雰囲気はすぐに消えて、また観客もジャッジも演技の世界に戻りやすくなりますよね。これは素晴らしいです。
結果、順位的には5位ですが点差は3位まで1点くらいですし、まだまだ巻き返すチャンスはありますしファイナルも充分可能性がありますよ!!!

b0038294_16325310.jpg
b0038294_1633949.jpg
b0038294_16332136.jpg
ここがかっこいいですよね!

演技終了後「やっちゃった~」という感じで天を仰ぎ、リンクから出たところで長久保コーチに花束で軽く頭をポンとやられてました(笑)こういうところがこの師弟好きです♪
b0038294_16343175.jpg


フリーの「O」は素晴らしいプログラムですから、絶対明子選手は大逆転してくれると信じています。ぜひ頑張ってほしいです!!


Akiko Suzuki 2012 NHK Trophy SP -Kill Bill



6位にエレーネ・ゲデバニシビリ選手!
b0038294_16375319.jpg


スケートカナダでは神演技でトップに立ったゲデ子ちゃんでしたが、今回ジャンプにミスがあり点を伸ばせませんでした。
ですが今季彼女は驚くほど成長していますし、SPもフリーも素晴らしく良いものを持ってきています。試合を重ねてこなれてきたときが今から楽しみです。

b0038294_16394025.jpg
b0038294_16395557.jpg
b0038294_1640337.jpg
シンプルの極致である練習義姿でもこの美しさ・・・ため息。

フリーのドン・キホーテも本当に良いプロなので、神演技&表彰台乗りを祈ってます!もうみんな表彰台に乗ってほしくて困る(涙)

ゲデ子ちゃんの美しく躍動感のある演技が大好きです。頑張ってください!!


Elene Gedevanishvili 2012 NHK Trophy SP -Schindler's List



男子も女子も、今大会はメンツが濃くて見ごたえある大会になってますね。
フリーが神演技大会になりますように!!!


<関連コラム>
羽生結弦選手&高橋大輔選手ワンツー発進! -2012NHK杯  2012年11月23日
無良崇人選手GPS初優勝&アシュリー・ワグナー選手がファイナルを決める -2012フランス杯  2012年11月22日
パトリック・チャン選手と小塚崇彦選手がグランプリファイナル出場を決める -2012ロシア杯・男子シングル
  2012年11月14日

キーラ・コルピ選手優勝、女子でファイナル一番乗りを決める -2012ロシア杯  2012年11月13日
パトリック・チャン選手首位、メンショフ選手2位&小塚選手3位 -2012ロシア杯・男子SP -2012年11月10日
グレイシー・ゴールド選手が会心の演技でSP首位 -2012年ロシア杯  2012年11月10日

町田樹選手GPS初優勝!ファイナル一番乗りを決める -2012中国杯・男子シングル  2012年11月5日
浅田真央選手今季初優勝! -2012中国杯・女子シングル  2012年11月4日
高橋大輔選手&町田樹選手がワンツー発進! -2012中国杯・男子SP  2012年11月3日
リプニツカヤ選手トップスタート、浅田真央選手僅差の2位! -2012中国杯・女子SP  2012年11月3日

ハビエル・フェルナンデス選手、GPS初優勝! -2012スケートカナダ・男子シングル  2012年11月1日
ケイトリン・オスモンド選手がデビュー戦勝利&日本選手二人が表彰台に! -2012スケートカナダ  2012年10月28日
良くも悪くも予想外の展開 -2012スケートカナダ・女子SP  2012年10月27日

小塚崇彦選手が逆転優勝、日本選手が表彰台独占の快挙 -2012スケートアメリカ・男子FS  2012年10月22日
アシュリー・ワグナー選手が貫録の首位スタート -2012スケートアメリカ・女子SP  2012年10月21日
羽生結弦選手トップ!小塚選手2位&町田選手4位の好スタート! -2012スケートアメリカ・男子SP  2012年10月20日
by toramomo0926 | 2012-11-24 10:23 | フィギュアスケート


<< 羽生結弦選手優勝、高橋選手2位... 羽生結弦選手&高橋大輔選手ワン... >>