2012年全日本選手権 ・女子シングル(つづき)
b0038294_122573.jpg

2012年全日本選手権・女子シングルの記事、続きです。
4位の鈴木明子選手から。



鈴木明子選手はSPは完璧だったのですが、フリーでまさかの崩れを見せて4位となりました。
b0038294_11412078.jpg


*****

SP首位から4位転落、鈴木明子「不安が的中してしまった」=全日本フィギュア
「自分自身、ジャンプに不安があったので、それが出た形になりました。練習から調子が良くなかったので、不安が的中してしまいましたね。この出来なら中途半端に成績が良くなくて良かったと思います。悔しい思いをバネに頑張っていきたいです。

 1つ目のジャンプで少し飛び急いでしまい、パンクしてしまったことで、気持ちが焦ったのはあります。(首位に立ったプレッシャーは?)それよりも、昨日の演技が自分の予定していたものではなかったので、自分としては昨日の分も今できることをしっかりやりたいと思っていたんですが、こちらに来てから調子が良くなかったので、ダメな部分が全部出てしまったフリーになったのかなと。

 気持ちの部分もあると思うんですが、練習から自信が持てていなくて、精神的な部分が、「これで試合にしっかり臨めるぞ」というものではなく、「試合が来たから気持ちを切り替えて」というふうになっていたのが良くなかったと思います。取り返そうという気持ちはあったと思うんですけど、1つのミスを引きずらないように気持ちを切り替えながらやっていました。でも(ショートと)同じジャンプを失敗してしまったので、どこか切り替えがうまくできていなかったのだと思っています。

 今季は最初からあまり練習でうまくいってなくて、たまたま結果が良かったり、悪かったりと波がすごく大きかったんです。ここまでは最低限できるという底がなかなかつかめなくて、うまくいかないなと感じていたので、けっこう練習からミスが多かったですし、自分があまり感じたことがない戸惑いを持っていました」

2012円12月23日 スポーツナビ

*****


SPの神演技には本当にゾクゾクさせられました。3T-3Tのセカンドジャンプをダブルにしたというのはありましたがそれは跳んだ時の感触によって変えることもよくありますし、結果的にそれで完璧な演技となりましたしね。
ですがフリーではいくつかミスが出てしまったのは残念でした。SP終了時には、今年ついに明子選手が全日本のタイトルを取るかもしれない、と思ったので。
また、上にあげたコメントを読んで、今季の明子選手は実はそういう浮き沈みの激しい状態だったのかと驚かされました。ジャンプはある意味水物という面もありますし、むしろ明子選手はミスはあってもそれを感じさせない落ち着きと表現力に基づいた安定感みたいなものを感じていたので、本当にびっくりしました。

b0038294_11512214.jpg
b0038294_11514087.jpg
b0038294_1151561.jpg
b0038294_11534283.jpg
b0038294_11535797.jpg
b0038294_11541034.jpg


「『これで試合にしっかり臨めるぞ』というものではなく、『試合が来たから気持ちを切り替えて』というふうになっていた」というのはとてもリアルというか、調子の悪い中試合に臨む心理というものをものすごく端的に言い表していますね。ここまで来たら腹をくくるしかないのだけど不安は残る。そこで思い切ってうまくいくときもあるけど、思い切ってやってもうまくいかないこともあり、本当に選手は肉体的にもですが、精神的にもハードですよね。
ソチ五輪出場の意思を固めたという明子選手。「この出来なら表彰台に乗れなくて良かった」と言い切る彼女の強さは、絶対四大陸と世界選手権で実を結ぶと信じています。「キル・ビル」と「O」、どちらも本当に素晴らしいプログラムですし、明子選手が目標に掲げた「SPとフリーを揃える」が実現することを楽しみにしています。

お疲れ様でした!
b0038294_1223843.jpg


Akiko Suzuki 2012 Japanse Nationals SP -Kill Bill



FS -O




5位に本郷理華選手!
b0038294_12715.jpg


高校1年生、シニアの全日本は初挑戦とのことでしたが、見事に5位に入りました!
SPもフリーもジャンプの軸がまっすぐで素晴らしく、また滑りも本当に滑らかできれいでした。160cmを超えるという長身なのも見栄えがします。
ちょっと猫背なのが気になってしまうのですが、でもシニアの選手に全く引けを取らない、本当に素敵な演技でした。フリーは最終滑走という大きなプレッシャーの中でしっかり滑りきって結果を出したのは、今後のステップに大きく生きてくると思います。

b0038294_1214332.jpg
b0038294_12141048.jpg
b0038294_12141733.jpg
b0038294_12144368.jpg
b0038294_12143587.jpg


彼女だけでなく、長久保先生の教え子のジュニア選手は皆さん滑りがうまいな、と見ていて思いました。さすがです。
また、総じてすべてのジュニア選手のレベルが高いのにもびっくり。伊藤みどりさんを開拓者として今隆盛を極めている日本フィギュアは、また更に有望選手を次々生み出そうとしていますね。やはり強い選手が続けて出てくると下の世代もどんどん育ってくるものなのだなと感じました。

本郷選手は来季からシニア本格参戦となるのでしょうか?楽しみにしたいと思います。
本当に素晴らしかった!お疲れ様でした!!


Rika Hongo 2012 Japanse Nationals SP -Samson and Delilah



FS -Swan Lake

本郷選手のお母様は八木沼純子さんと同期とのこと。ということは同年代の私にもこのくらいの子供がいてもおかしくない訳ですね・・・それにもびっくりでした(笑)。


トップ選手の力と若い世代の勢い、そしてジュニア勢の素晴らしさを充分に感じられた試合となりました。
選手の皆様、本当にお疲れ様でした!!!

b0038294_12202414.jpg



<関連コラム>
浅田真央選手が2連覇、今季前半を全勝で折り返す -2012年全日本選手権  2012年12月28日
2012全日本選手権・男子シングル(つづき)  2012年12月27日
羽生結弦選手が初の全日本制覇 -2012全日本選手権  2012年12月26日
by toramomo0926 | 2012-12-28 12:26 | フィギュアスケート


<< 2013年欧州選手権・全米選手... 浅田真央選手が2連覇、今季前半... >>