2013年欧州選手権・全米選手権が終了
b0038294_86143.jpg
b0038294_862817.jpg
2013年の欧州選手権、および全米選手権についてはすでに終了、今年のヨーロッパチャンピオンと全米チャンピオンが決まりました。おめでとうございます!

今回、私自身がスケジュール的にじっくり記事を書ける状況になく、大変申し訳ありませんが今年の記事については超ダイジェスト内容とさせていただきたいと思います。どうにかならないかなと考えていましたがちょっと現実的に時間が取れない状況です…申し訳ありません。そして自分も残念な気持ちです。最近は毎年書いてきていたので。
世界選手権の記事を書く時に、この2大会の感想も含めて書いていければと考えております。
楽しみにしていてくださった方がもしいらっしゃったなら、本当に申し訳ありません。
こんな状況で細々と続けているブログですが、今後ともご訪問頂ければ幸いです。


2013欧州選手権
ISU Figure Skating European Championships 2013


2013全米選手権
2013 Prudential U.S. Figure Skating Championships

順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。(全米選手権のサイトは、各選手のトータルスコアの右側の「+」をクリックすると「Judges Scores」に相当する得点詳細が表示されます。




欧州選手権は男子はハビエル・フェルナンデス選手が満を持してのヨーロッパ王者に!2位にフローラン・アモディオ選手、3位はミハル・ブレジナ選手!
ブレジナ選手はついに欧州のメダルを手にしましたね。ずっとあと一歩というところで表彰台に乗れずにいただけに嬉しいです。
そして女子はカロリーナ・コストナー選手が見事に、グランプリシリーズのブランクを感じさせない演技で貫録を見せました!!
2位にはアデリーナ・ソトニコワ選手、3位はエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手が入り、やはり二人とも欧州のメダルを初めて手にしました。
ロシアンガールズがソチ五輪に向けていよいよエンジンが本格的に入ってきたなという予感を感じますね。
個人的にはヴァレンティナ・マルケイ選手が4位というのも嬉しいです。佐藤有香さん&ジェイソン・ダンジェンさんのもとでしっかりした地力をつけてきたのがいい時期に花開いてきた感じ。ソチ五輪に向けて順調にキャリアアップさせていて、楽しみです。

全米選手権は、男子はマックス・アーロン選手がショートプログラム4位から見事な逆転優勝、正直あまりきちんと認識していない選手だったのですが(すみません)、4サルコウの出来が素晴らしいですね。ジャッジの加点も凄い。構成もトップ選手と同等レベルのもので、こんな凄い選手がここにも!という感じで、改めてアメリカ選手のスター不在(そんなことは決してないと思うんですが)が言われている中でも層の厚さを見せつける形になりました。

そして2位にはロス・マイナー選手!彼も2年連続3位から一つ順位を上げました。良かったです!!
昨年王者のジェレミー・アボット選手は3位。背中の痛みを抱えてのシーズンで大変な状況ですが、それでもトップ3を守ったのは立派だと思います。
昨年表彰台乗りを果たしていたアダム・リッポン選手とアーミン・マーバヌーザデー選手は順位を落としてしまいました。やはり厳しい戦いですね…。復活を待ってます。
そしてエヴァン・ライサチェク選手がまたも大会前に欠場を発表、これまで何度か試合復帰のアナウンスをしていますが結局バンクーバー五輪以降、私の知る限り一度も試合に出場出来ていません。
ブランクがあった中で試合に出るための体を作り直し、新しいルールに対応して復帰することのむずかしさを改めて感じました。でも彼の場合お金(報酬)面での折り合いがつかなかったのが試合に出ない理由になった場合もあったので(すべての試合ではないですが)、彼には復帰する意思は本当にあるのか(出たいという気持ちはあるのか)?と少しだけ考えてしまう時もあります。


女子はアシュリー・ワグナー選手が貫録を見せて2連覇を達成です!
新鋭グレイシー・ゴールド選手が2点差で2位に入り、あの盤石に思えるアシュリーをもってしてもあまりうかうか出来ないんだなあ…という層の厚さをこちらでも感じました。
アグネス・ザワツキー選手もソチ五輪に向けてしっかり地力をつけてきていて2年連続の表彰台。コートニー・ヒックス選手も初めての表彰台(4位:全米選手権では4位まで表彰されメダルが授与されます)ということで、大きな自信とモチベーションになることでしょう。今後大化けして、全米女子のトップチームに食い込んでくるかもしれないですね。
アリッサ・シズニー選手が再びの負傷での欠場となり、それはとてもとても残念でした。ですが重要なのは今シーズンよりソチ五輪のある来シーズンですから、焦りは生まれるでしょうがしっかり治して頂いて、万全の状態で来季復帰できるように祈っています。また彼女の美しい優雅な演技と素晴らしいスピンを見たいです。


出場選手の皆様、本当にお疲れ様でした!
今回早足での味気ない記事となってしまい、申し訳ございませんでした。

2月6日から、四大陸選手権が大阪で開催されます。選手の皆さんが怪我なく、満足できる演技が出来ますように。

b0038294_864096.jpg
b0038294_864980.jpg

by toramomo0926 | 2013-01-30 08:25 | フィギュアスケート


<< 高橋成美選手、木原龍一選手と新... 2012年全日本選手権 ・女子... >>