凄まじいハイレベルの戦い、日本勢は思わぬ苦戦 -2013年世界選手権・男子シングル
b0038294_18551590.jpg
2013年世界選手権がカナダのロンドンで(と書くとちょっと変な感じがしますが)始まりました!
男子シングルはショートプログラム(SP)から4回転(クワド)を当然のように入れるハイレベルな戦い。やはり毎年行われる試合の中で一番大きな、権威ある試合となる世界選手権は選手にとって特別な試合なんだなというのを改めて感じました。これまでの試合とは桁違いの緊張感というものを選手の表情や会場の雰囲気から感じ取ることが出来ました。
特に今大会は、来年行われるソチ五輪の各国出場枠が成績によって決まるという、通常よりも更に重要性が増した試合であるためか、SPから激しく火花の散るような戦いとなりました。

地元カナダのパトリック・チャン選手は今季苦しんでいましたが、今大会見事な演技を見せてトップ、2位にはパーソナルベストを大幅に更新するパーフェクトな演技を見せたデニス・テン選手が、3位には四大陸選手権での優勝で大きく自信をつけたケヴィン・レイノルズ選手が入りました!
日本男子は高橋大輔選手が4トウループ(4T)は両足着氷になったもののミスを最小限に抑えて4位、羽生結弦選手が体調を崩した影響を引きずりジャンプミスが重なってしまい9位、無良崇人選手は4Tが1回転に抜けてしまうミスがあり11位スタート。
五輪出場枠「3」は同国の出場選手中上位2人の順位の合計が「13」以内という規定となっています。盤石と思われた日本男子の「3枠」が少し危うい状態となっていますが、フリーで巻き返してくれると信じています!!


ISU World Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。





*****

高橋大輔 日本人最高の4位スタート チャンが世界最高点塗り替える
 フィギュアスケートの世界選手権は13日(日本時間14日)、カナダ・ロンドンで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は高橋大輔(関大大学院)は四大陸選手権でプログラムを変更したベートーベンのピアノ曲「月光」で演技。4回転は両足着氷するも、他のジャンプはミスなく決め、84・67点で4位でのスタートとなった。

 全日本王者の羽生結弦(はにゅう・ゆづる、東北高)は、今季好調のショートプログラムだったが、4回転で転倒。後半のルッツで手をつき精彩を欠いて、75・94点で9位。

 無良崇人(中京大)は、冒頭の4回転が1回転になり、73・46点で11位だった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内ならソチ冬季五輪出場枠3を獲得できるが、微妙な状況となった。

 トップは、パトリック・チャン(カナダ)が98・37点と羽生の持つ世界最高点(95・32点)を塗り替えた。

2013年3月14日 スポニチアネックス

日本勢、五輪最大枠崖っぷち/フィギュア
男子ショートプログラム(SP)で日本勢が思わぬ苦戦を強いられた。

 3年ぶりの2度目の優勝を狙う高橋大輔(26=関大大学院)が両足着氷となった冒頭の4回転トーループ以外をまとめて84・67点で4位につけたのが最上位。昨年12月の全日本選手権を制した羽生結弦(18)はケガをしている左膝の影響もあり、4回転トーループで転倒して75・94点の9位、無良崇人(22)は73・46点で11位と大きく出遅れた。

 今大会は来年のソチ五輪の出場枠がかかっている。上位2人の合計順位が13位以内なら3枠を得るが、SPを終わってギリギリの合計13位。最大枠数を確保するためにはフリーでこれ以上順位を落とせない状況となった。

2013年3月14日 日刊スポーツ

世界フィギュア・談話
◇力入ってしまった
 無良崇人
 (4回転失敗に)すごく調子は良かった分、逆に緊張して力が入ってしまった。フリーは4回転を決めたいし、最後まで力強く演技できればいい。

◇とにかく悔しい
 羽生結弦
 とにかく悔しい。本当に悔しい。この気持ちのままフリーにいくつもりはない。あさってのフリーに向け、気持ちを切り替えたい。

◇滑り自体は良かった
 高橋大輔
 ジャンプのミスは残念だったが、それ以外は練習してきたものを見せることができた。滑り自体は良かったし、完成度も高かった。フリーも気合を入れてやるしかない。

◇報われた
 パトリック・チャン
 この3週間のハードワークが報われた。きょうの演技は運に恵まれたものではない。カナダのファンの声援で、演技に集中でき、重圧も払いのけてくれた。(時事)

2013年3月14日 時事通信

*****



1位はパトリック・チャン選手!
b0038294_21364195.jpg


今日のチャン選手は気迫を感じました。今季彼も苦しみましたが、自分と向き合って練り上げてきたという気迫と自負を滑りや表情から感じることが出来ました。3Aをスピードに乗って決めた時、神演技を確信しましたね。最後まですごく集中しているのがわかりました。
「練習通りやるのは難しいが、それが出来たことは世界歴代最高得点より嬉しい」という言葉にじーんとしましたね~。そして、フィニッシュ直後の子供のような笑顔にも心打たれました。出れば優勝、というシーズンを重ねてきた彼が、ここまで余裕のない喜び方をするのを久しぶりに見ました。

b0038294_21435130.jpg
b0038294_2144622.jpg
b0038294_21442194.jpg
b0038294_21443172.jpg


スピードとキレがあり、彼は正直情感の表現というのはうまくないと思うのですが、それでも「エレジー」の曲の静謐さをしっかり表現していたと思います。ジャンプもきれいに決まって、ソチ五輪に向けて彼が戻ってきたという感じですね。
この1年を経て彼がどう変わるのか。来季が早くも楽しみになる滑りでした。フリーも注目ですね。


Patrick Chan 2013 World Championships SP -Elegie in E-Flat Minor




2位にデニス・テン選手!!素晴らしかった!!
b0038294_21193717.jpg

SPで90点を超えたのは、恐らく彼は初めてではないでしょうか。冒頭の4Tには1.71という高いGOE(出来栄え評価)加点がつき、スピン・ステップは全てレベル4、他の全ての要素で加点のつくとても美しい、非の打ちどころのない演技でした。ジャンプがお手本のように美しくきまったのは勿論ですが、彼の端正な滑り、姿勢の良いたたずまい、男子の中で群を抜いて柔軟性や回転スピードに秀でたスピン、洗練された振付と身のこなし。彼の良さが全て出た、本当に選手のキャリアでこれだけの演技が何回できるか、または出来るかどうかという程の、まさに神演技でした。いつまでも見ていたいと思える素晴らしさでした!!

b0038294_212417100.jpg
b0038294_21243378.jpg
b0038294_21244648.jpg
右がフランク・キャロルコーチ、左が振付師のローリー・二コル。ローリーって本当に頭の中はどうなってるんでしょうね。これだけ長くいろいろな選手に素晴らしい作品を提供できるって凄いと思います。


彼も一時期ジャンプにものすごく苦しみましたがここへきて一気に技術が安定してきています。ソチ五輪に向けて非常に良いタイミングで調子を上げていますね。ソチへのステップとして、是非このままフリーもテン君の良さの出る演技をしてほしいと思います。カザフスタン初(ですよね?)の優勝、表彰台を是非狙ってほしいです!これはすごいチャンスですよ。
頑張ってください!!!


Denis Ten 2013 World Championships SP -The Artist Overture




3位はケヴィン・レイノルズ選手!
b0038294_21319100.jpg


彼も今季後半に来て一気に伸びてきましたね。地道な努力が実を結びはじめたところで四大陸選手権で優勝したことで、選手として大きく自信をつけたようです。彼を見てると、やっぱり選手にとって成績って大事なのだなと思います。いや、むしろ成績というより、成績(結果)が出ることによって生まれる自信ですかね。
すごく細身の彼が、今は内から放たれる自信と充実感によってすごく落ち着きというか貫録というか、見た目とは裏腹などっしりしたムードを感じます。

b0038294_2134748.jpg
b0038294_21342697.jpg
b0038294_21351974.jpg
b0038294_21345353.jpg


今大会でも四大陸同様、SP2本、フリー3本の計5本のクワドを跳ぶ予定にしている彼。この構成を入れられるのは今の所彼だけです。今大会もしっかりと自信にして、五輪イヤーにつなげてほしいです。
地元カナダの大歓声を受けて嬉しそうだったのが印象的でした。フリーも頑張ってください!!


Kevin Reynolds 2013 World Championships SP -Chambermaid Swing




4位に高橋大輔選手です!
b0038294_21384543.jpg


*****

大輔4回転が両足着氷、納得のSP4位
 3年ぶりの優勝を狙う高橋は最初の4回転トーループが両足着氷となったが、次の3回転半と後半の2連続3回転を着氷。「ジャンプのミス以外は練習してきたことを見せられた。今の調子では悪くないスタート」と納得した顔で振り返った。

 前哨戦の四大陸ではまさかの7位に撃沈。その後は時差調整を兼ねて米国内で合宿し、プログラムを徹底的に滑り込んだ。銀メダルを獲得した昨年大会の前も1日5時間の特訓をこなしたが、長光歌子コーチ(61)は「昨年の1・5倍。かつてない、すさまじい練習量を積んできた」と明かした。

 首位のチャンとは13・7点差。優勝争いは厳しくなったが、「ファンやサポートしてくれる方々に楽しんでもらえる演技がしたい。フリーは何も考えず、悔いの残らないようにやる」と無心で今季の集大成を披露する。

2013年3月15日 スポーツ報知より抜粋

*****



彼の姿を見て、そして動きを見て、この記事を読む前から「ものすごい練習してきたんだな」というのがわかりました。頬の肉が削げて精悍な顔つきになり、体のキレ、動きが全く別物になっていました。ナイフを連想するような鋭さ。スピンも回転が更に速く、軸が細くなったように感じましたし、ステップはピアノの細かい音に合わせて素早い身のこなしを見せ、まさに空気を切り裂いているように見えました。ジャッジは彼のこの素晴らしいステップに、一人を除いて全てGOE+3を付け(残りの一人も+2)、レベル4に加え+2.10という驚異的な評価を与えています。カナダの観客もスタンディングオベーションをしていました。

b0038294_22242199.jpg
b0038294_22465326.jpg
b0038294_22374729.jpg
b0038294_22254020.jpg
b0038294_22252528.jpg
b0038294_22285762.jpg
フィニッシュの時すごくいい顔をしていました。


彼の中で手ごたえを感じているし、順位は4位ですから、まだ上を目指すチャンスは十分残っています。・・・というか日本勢はもうひとつも順位を落とせない状況ですから精神的にはきついかもしれませんが、彼のコメントを見る限りフリーは更に凄いものを見せてくれるだろうと思っています。
頑張ってください!


Daisuke Takahashi 2013 World Championships SP -Moonlight Sonata

ステップの途中の歓声がちょっと謎。ステップ終わりならわかるのだけど、何をもっての歓声だったのだろう。何かあった訳ではないですよね?


5位はブライアン・ジュベール選手!
b0038294_22324223.jpg


ジュベール選手もここ数年、怪我や体調不良、そして自らの技術と戦ってきた一人。もしかしたら彼もこれが現役最後の世界選手権になるかもしれません。五輪は選手のキャリアの区切りとなることが多く、五輪が近づくということは、長年活躍を見守ってきた選手たちが試合のリンクを去ってしまうその時も近づくということになる。
そんな中、彼はあきらめずに自らを磨き続け、今回4T-2Tを成功させ、更に長年の課題であったスピンで全てレベル4を取るという快挙を成し遂げました!!パーフェクトです。

b0038294_22525553.jpg
b0038294_225389.jpg
b0038294_22532439.jpg


彼はルール改悪の影響で四回転が男子フィギュアから消えそうになった時代にも、安全策で3-3にすることを断固として拒否し、フィギュアスケートがスポーツであることを訴え続け、「フィギュアスケートの未来のために」とクワドを跳び続けてきました。彼が諦めたり、得点の為に安全策に逃げなかったからこそ今のクワド花盛りの男子フィギュアがあるといっても過言ではありません。
ツイッターで見たのですが、今大会に先立ち彼は「今は欧州人も、日本人も、アメリカ人もクワドを跳んでいる。それが僕は本当に嬉しい」と述べたそうです(該当ツイートが見つからず完全に正確ではないですが、主旨はこのような発言でした)。
ありがとう、ジュベール選手!フリーも是非神演技を期待しています!!!


Brian Joubert 2013 World Championships SP -Genesis/Aerodynamic



6位はミハル・ブレジナ選手!
b0038294_23131037.jpg

彼の高くて爽快なトリプルアクセル(3A)はちょっと乱れてしまったけど、4サルコウ(4S)は素晴らしくきれいに決まり、後の要素も全て良かったけど、6位。今回はさすがレベルが高いですね。小さなミスが命取りとなります。

b0038294_23153146.jpg
b0038294_23154228.jpg


彼の滑る姿を久しぶりに見ましたが、ちょっと顔立ちが男っぽくなりましたね。90年生まれということは、真央選手と同じ22歳。男性は20歳過ぎてからも結構変わりますよね。美青年という感じでしたが、大人の男性という感じになってきました。
すごく体が軽そうな動きだったので、フリーに期待ですね!彼はちょっとここ数年キャリアが停滞している感じがするので、是非ここで殻を破ってもらいたいなと思います。
頑張ってください!!!


Michal Brezina 2013 World Championships SP -In the Hall of a Mountain King



7位はハビエル・フェルナンデス選手。
b0038294_23205829.jpg

冒頭の4Sがすごくきれいだっただけに、次のアクセルが1回転になってしまったのが痛かった…
3ルッツ-3T(3Lz-3T)はルッツの踏切の時にちょっとだけエッジがスライドしてしまったように見えてヒヤッとしたのですが、しっかり降りました。

b0038294_23324945.jpg
b0038294_2333554.jpg


ただ今回、最後までスピードには乗っていたのだけど、ちょっとバタバタしていたように見えました。彼のなめらかなスケーティングをあまり感じることが出来ず、腕の振りが付け根から振り回すような感じなのと、足元の漕ぐ動作がちょっと目に付いてしまいました。いつもこんなものでしたっけ?何故か気になりました。

フリーはチャップリンメドレー。彼の魅力が十分に感じられるプログラムですが、これも今回で見納めですかね。しっかり見届けたいと思います。頑張ってください!!


Javier Fernandez 2013 World Championships SP -The Mask of Zorro




羽生結弦選手がまさかの9位スタートです。
b0038294_23401456.jpg


*****
SPボロボロ…羽生9位「悔しい」/フィギュア
 18歳の日本のエースが文字どおり壁にぶち当たった。冒頭の4回転トーループで転倒した羽生は、リンクのフェンスに激突。2連続3回転は一つ目の着氷で乱れて単発どまり。屈辱の演技だった。

 「悔しくて悔しくて、とにかく悔しい。(踏み切りに)入る前から無理だと思った」

 手負いだった。関係者によると2月の四大陸選手権(大阪)後、インフルエンザを発症し10日間の休養を余儀なくされた。復帰後には左膝を痛め、本格的な練習は今月6日からだった。痛み止めの薬を飲んで公式練習を滑っていたという。

 昨年11月のNHK杯で樹立した当時世界歴代最高の95・32点を大幅に下回る75・94点で9位。それどころか、カナダの英雄チャンに3・05点も更新されてしまった。

 日本勢は3人とも4回転ジャンプを失敗。ソチ五輪で最大の3枠を得るには上位2人の順位合計が13位以内が条件だが、SP終了時点で高橋4位+羽生9位=13位。がけっ縁に立たされた。

 「左膝? その話はフリーの後でいいですか。1日の猶予があるので、しっかり(体の)メンテナンスをしたい」

 羽生は珍しく語気を強め、言い訳はしなかった。世界選手権での初Vは絶望的になったが、フリーでせめてもの意地をみせる。

2013年3月15日 サンケイスポーツより抜粋

*****



演技直前、いつものルーティーンの動きのあと、胸をトントン叩いて落ち着かせるようなしぐさを見せていたので「あれ、緊張してるのかな」と思ったのですが・・・
これまで4Sのミスはあっても今季4Tに関してはほぼ盤石に決めていたので驚きました。入ったジャンプは3A(これは美しかった!)だけという彼のシニアでのキャリアでもちょっとないような事態に(涙)
今季彼は体調に恵まれませんね…拠点を移すということは利点も大きいけど、生活や環境がまるっきり変わる訳ですから、そういう意味で負担も大きかったのかなあ…と心配しています。今大会の彼は更に痩せているように見えたし。
特に膝については試合後に精密検査を受ける予定という報道もあり、枠は取ってほしいけど無理はしないでほしいなと思ってしまいますね。まだ彼のキャリアは先が長いですから…

b0038294_23545116.jpg
b0038294_23553052.jpg
b0038294_2355520.jpg


これまでSPの高得点を貯金に逃げ切る試合運びをしていた彼としては、今回の展開は非常に苦しいものになっています。フリーは最初明らかに体力が足らず、シーズンが深まるにつれて滑りきれるようにはなってきましたが、今回体調が万全ではないなかでしっかり演技をまとめられるかがカギとなります。
彼はガッツがありますからやってくれると思っていますが、無理して怪我を悪化させないように、それが本当に心配です。
今の状態の彼にこの言葉を掛けるのは辛いけど、・・・頑張ってください!!



Yuzuru Hanyu 2013 World Championships SP -Parisian Walkways




10位にフローラン・アモディオ選手。思わぬアクシデントに見舞われました。
b0038294_06125.jpg


冒頭予定していた4Sが3回転になったことはありましたが、他の要素はしっかりと決めていたのに、最後のスピンの入りで転倒、体全体を氷に打ち付けるような感じになってしまい、起き上がるのに少し時間がかかったので青ざめました。

b0038294_0135730.jpg
b0038294_014157.jpg
b0038294_0145265.jpg
b0038294_015391.jpg


それでも立ち上がり、最後の振付をしっかりこなして観客から大歓声を浴びていましたが、右足と右腕を強打したのかちょっと痛そうにしていたので心配です・・・
本当に、演技は最後まで何があるかわからないものなのだ、という怖さを改めて感じさせられました。怪我をしてないといいのだけど…
フリーは彼のあの屈託のない笑顔が見られますように。頑張ってください!!


Florent Amodio 2013 World Championships SP -Memories of Sobral



無良崇人選手は11位です。
b0038294_020425.jpg


冒頭の4Tが1回転に抜けてしまった(ご本人はツイッターで『トウをつき損ねた』と話していました)のは本当に残念でしたが、次の3AはGOEが+1.86もつき、無良選手らしい雄大なジャンプを見せてくれました。ミスに動揺せず、最後まで集中を切らさず丁寧にしっかりと滑りきった姿が印象的でした。

b0038294_0235299.jpg
b0038294_024380.jpg
b0038294_0242961.jpg


フリーでは是非4Tを成功させて、「SHOGUN」を完成させてほしいですね。無良選手にぴったりのプログラムですし、ハマったらカナダの観客はすごく盛り上がると思います。
頑張ってください!!!


Takahito Mura 2013 World Championships SP -Malaguena



ミーシャ・ジー選手は15位!
b0038294_0312644.jpg


冒頭の3AのGOE減点っぷりが酷い(-2.29!)んですけど、そんなに酷いジャンプじゃなかったと思うんだけどなあ…両足気味ではあったけど。ダウングレードでもないのに何故そこまで??と思ってしまいました。
とはいえ、全てのジャンプを跳び終えてからは例によって観客を巻き込み、歓声や拍手が巻き起こりました。あまりのハゲしさにちょっと半笑いのお客さんも(笑)

b0038294_041226.jpg
b0038294_037830.jpg
b0038294_0372257.jpg
b0038294_0413329.jpg


彼にはずっと愛されるスケーター、表現者でいて欲しい。それを保ったまま更にトップにいければ最高!
応援してます!頑張ってください!!


Misha Ge 2013 World Championships SP -Farrucas/Flamenco

演技後声援に応える彼がかわいすぎる(笑)そしてリンクアウトの場所間違えた(笑)
イタリア解説の方々もメロメロになってますね☆



フリーはどうなりますか・・・今から心臓痛いです・・・
皆さん怪我のないように、ベストを出せる演技ができますように。そして日本男子、3枠取れますように!!!!

b0038294_0451276.jpg

by toramomo0926 | 2013-03-14 19:17 | フィギュアスケート


<< お詫び -2013年世界選手権... 鈴木明子選手、ソチ五輪挑戦につ... >>