チャン選手優勝、羽生選手銀メダル&織田選手銅メダル! -2013スケートカナダ・男子シングル(その2)
b0038294_13392649.jpg

2013年スケートカナダ・男子シングル記事の続きです。

ISU Grand Prix Skate Canada 2013

順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。





4位はミハル・ブレジナ選手!

b0038294_13104398.jpg


SPは「n the Hall of a Mountain King」、フリーは「シャーロック・ホームズ」。SPは彼も昨季からの持ち越しですね。
SPは最初の4Sが抜けてしまって2回転になってしまいましたが、ジャンプ自体はとても高かった。ですがジャンプの成否よりも、もどかしくなるような「遅さ」が気になりました。曲が同じ旋律を繰り返していって最後盛り上がるというスタイルなのである程度は仕方ないのですが、でも盛り上がりのステップまでが、ちょっと演技全体のテンポが遅い気がしました。ジャンプもスピンもずっと同じリズムになってしまって単調な印象になってしまうのです。
最初は曲に合わせてゆっくりでも、少しずつ曲を自分の演技が引っ張るような形に体の動かし方や振り付けの動作にメリハリをつけて、クライマックスのステップにつなげていったら凄く盛り上がるのに、ずっと漫然とした感じで突然曲のアレンジが豪華になってステップで激しく動いても、観客やジャッジはちょっとついていけないところがあるような気がします。

b0038294_13264999.jpg
b0038294_132729.jpg
b0038294_13271712.jpg


フリーは彼らしい高いジャンプを決めてくれました。彼のジャンプ、特に3Aは決まると本当に気持ちいいですね。私はシャーロック・ホームズの映画等は見たことがないのですが、ちょっと東洋風な音を取り入れていて面白かったです。「名探偵ポワロ」もそうですけど、イギリスってああいう感じのエキゾチックな世界が結構好みみたいですよね。
ただ一時よりジャンプの準備動作が長くなったかな…彼独特の背を丸めてかがみこむようにして、ためてためて跳ぶ、という動作で振り付けが途切れてしまうような時がありました。助走はあまり関係なくて、力で跳んでいるようにも見えたので、また怪我をしないように気をつけてほしいです!!
ですがSP7位からしっかり順位を上げて4位。ミハルはシルバーコレクターならぬ4位コレクターみたいな感じになっていますが(涙)今季同郷の偉大な先輩トマシュ・ヴェルネル選手も復活してきているようですし、チェコ男子がふたたび大ブレイクしてくれないかなーと思っています。
頑張ってください!


Michal Brezina 2013 Skate Canada SP -In the Hall of a Mountain King



FS -Sherlock Holmes




6位にジェレミー・アボット選手!
b0038294_2095469.jpg


彼も怪我というか体の痛みとつきあいながらの競技となっていて、今シーズンでの引退をほのめかす発言を見ました。好きなスケーターがみんな競技を去ってしまうので悲しい。
私自身も、来シーズン以降は今と同じ熱量を持ってフィギュアを追っていけるかというと…まだわかりませんね。
来シーズンからはまたいろいろ大小のルールが変わるでしょう。また既に分かっているものとして、歌詞付きボーカルの楽曲もOKとなると聞きました。(歌詞の内容が選手の表現力への評価を過剰に助けてしまうことがあるため禁止、みたいな建前はどこへ…)
私の中でこの変化はかなり大きいんですよね。それが現在試合とアイスショーの大きな違いの一つですが、勿論必須要素やレベル認定等があるので試合とショーは全く別物なのだけど、さきに述べた「建前」をあっけなくなかったものにされてしまうのを見ると、もうショーを採点するみたいに(乱暴ですが)感じられて、私はそれはナンセンスだと思っているので、大いに抵抗があるんです。勿論来期以降もボーカルなしの曲やクラシックを選ぶ選手も沢山いるでしょうけれどね。でも試合にショー的要素を今より更に色濃く取り入れるものになるような雰囲気を感じます。それ以外にボーカル入りを今になって許す理由はないと思いますし。
ミーシャ・ジー選手やフローラン・アモディオ選手など、楽しい凝ったプログラムを見せてくれる選手が制約から解放されて更にプログラムの内容を良く出来る、という良い点も勿論あるし見れば楽しいのでしょうが、やっぱりそれは私が好きで見てきた、「スポーツとしてのフィギュアスケート」とは違うものになってしまうような気がして、なんとなく寂しさみたいなものをなぜか感じてしまっています。

閑話休題、ジェレミーの演技です。

b0038294_20121654.jpg
b0038294_20101191.jpg
b0038294_20102921.jpg
写真が悲劇的に少ない(涙)


SPの4Tは本当に素晴らしかった!!高さも流れも完璧。これはいける!って思ったのですが、後の2つのジャンプが完璧とはいかず、フリーもちょっとミスが続いてしまって、今回表彰台を逃してしまいました。
ですが彼の滑りは、もうジャンプなんてしなくていいからずっと滑っていてくれと思う程、今回も本当にうっとりしてしまいました。
ジェレミーの滑りは、本当に「これぞ滑らかな滑り」と思うんですよね。チャン選手の滑りも滑らかだけどもうちょっとシャープな感じがしていて、ジェレミーのそれは本当に柔らかい。高橋大輔選手の滑りも同じものを感じます。最近の真央選手もそうですが、本当に滑りの巧い選手って、ウォームアップでただリンクをランしているだけで、演技でも開始数秒で滑り出しただけでも、その滑りだけで雰囲気が出るというか引きつけるものがあるんです。そして無駄に漕がなくても3、4歩でクワドが跳べるスピードまで持っていけるという素晴らしさ。彼の演技が美しいのは、ポジションの美しさは彼の長い手足もあるでしょうが、やはり漕ぎなどの無駄な動きがなく見ている側が振り付けに没入できるからというのは大きいと思います。

背中の痛みも良くなっているのかなという感じですし、プログラムもSPは軽快に、フリーのエクソジェネシスは一昨年のプログラムの再演ですが、音楽の編集も内容も変えてきて、更に良いものになりそうです。エクソジェネシスは彼の代表作といっていい名作だと思っているので、五輪シーズンにまた見られるのは本当に嬉しい。
故障に気をつけて、今季更に美しいプログラムを見せてくれるのを楽しみにしています!


Jeremy Abbott 2013 Skate Canada SP -Lilies of the Valley



FS -Exogenesis Symphony Number 3

誰かこの解説者を黙らせてー!(怒)いつもロシアの人演技中はあまりしゃべらないのに!!



ロス・マイナー選手は9位でした。
b0038294_20252624.jpg


今大会、ジャンプがかみ合わなかったですね…彼の美しい3Aが見られなかったのは残念でした。
でもスピンはとびきり美しかったですし、観客も温かく沸いていましたね。彼の滑りの切れ味みたいなものが好きで、ロス君本人の人柄も含めて応援しているので、今回は悲しかったです。

b0038294_2025596.jpg


でもSPの「The Way We Were」はとっても気に入ってしまいました。これは決まったらとっても感動的なプログラムになりそう。是非是非完成版を早くみたいところ。フリーの「Glory」もちょっとSPと曲調は似てるけど、静かな中にも希望を感じるような、すごく良い曲です。ロス君のスケートにとても合ってる気がする!次の試合で彼の力をしっかり出し切れますように!!


Ross Miner 2013 Skate Canada SP -The Way We Were



FS -Glory




無良崇人選手は初戦10位となってしまいました。
b0038294_20332388.jpg


*****

無良、最下位に終わり「ひどい」
 無良崇人(22)=岡山国際スケートリンク=は計188・53点で10人中最下位に終わった。

 男子フリーで無良は演技を終えると同時に顔を覆った。冒頭の4回転ジャンプが2回転となり、直後に無理に再挑戦したのがあだとなった。大きくリズムを崩し、結局8回のジャンプで決まったのはトリプルアクセルのみ。「ここ数シーズンで一番ひどい試合。切り替えてやるしかない」と何とか前を向いた。

2013年10月28日 デイリースポーツ

*****


b0038294_22511913.jpg
b0038294_22513297.jpg
b0038294_22514754.jpg
b0038294_22515989.jpg


SPでは5位につけていたのですが、フリーでジャンプが決まらず、クリーンなものは3Aだけでした。
北米のリンクは狭いので、跳びにくさもあったかもしれませんが、北米で行われる試合は珍しいものではないし、それは事前に分かっていたことなので、それは仕方ないですね。浅田真央選手も、スケートアメリカの会場はリンクサイズが小さいので、練習時にリンクにコーンを置いて北米サイズを意識して練習をしていたという話ですし、勿論無良選手もそうでしょう。
今の日本男子の状況で初戦がこのような結果になり非常に悔しいでしょうし焦りも出るでしょうが、この試合で五輪出場選手が決まる訳ではないし、全日本に向けて一つ一つ積み上げていくしかないですね。彼の言う通り、切り替えてやりぬいてほしいと思います。

今季のSPは無良選手のこれまでのイメージとは違った、小粋な、ちょっと色気のあるナンバー。でもすごく似合ってます!これを完成させたら更に演技の幅も広がりそうですし、イメージチェンジだけど唐突な感じはしないし、すごく良いチョイスだと思います。フリーは彼らしいスパルタカスということで、出来上がりがすごく楽しみですね。無良選手の雄大なジャンプが大好きなので、次は美しいものが沢山見たいです!


Takahito Mura 2013 Skate Canada SP -Jumpin' Jack/Minnie the Moocher



FS -Spartacus/Man of Steel




今季はシーズン初めだから、とか言ってられないような緊張感が男子・女子ともにあり、序盤から見応えいっぱいですね。
選手の皆さん、お疲れ様でした!!


b0038294_22592516.jpg


<関連コラム>
チャン選手優勝、羽生選手銀メダル&織田選手銅メダル! -2013スケートカナダ・男子シングル(その1)
  2013年10月30日

ユリア・リプニツカヤ選手、15歳でGPS初勝利! -2013年スケートカナダ・女子シングル  2013年10月28日
浅田真央選手が200点越えで優勝、GPSグランドスラム達成 ー2013年スケートアメリカ(その2)  2013年10月26日
浅田真央選手が200点越えで優勝、GPSグランドスラム達成 ー2013年スケートアメリカ(その1)  2013年10月25日
町田樹選手、完全優勝でGPS2勝目を飾る ー2013GPS・スケートアメリカ(その2)  2013年10月23日
町田樹選手、完全優勝でGPS2勝目を飾る ー2013グランプリシリーズ・スケートアメリカ(その1)  2013年10月23日
by toramomo0926 | 2013-11-01 13:34 | フィギュアスケート


<< ハンヤン選手、中国男子シングル... チャン選手優勝、羽生選手銀メダ... >>