ハンヤン選手、中国男子シングル初のGPS優勝! -2013中国杯・男子シングル
b0038294_15215168.jpg

2013年グランプリシリーズ(GPS)中国杯は、男女ともに異例の展開になりました。男子も女子も初優勝、男子優勝のハンヤン選手は17歳、女子優勝のアンナ・ポゴリラヤ選手は15歳!若さ溢れる表彰台となりました。
ソチ後のフィギュアスケートは中国とロシアが席巻しそうな空気すら感じましたね。

ハンヤン選手は今季シニア本格参戦で、GPS初出場で初優勝。しかも中国男子シングル選手として史上初の優勝となりました!おめでとうございます!!
2位にはショートプログラム(SP)・フリーで合わせて4回(!)の4回転ジャンプを美しく決めたロシアのホープ、マキシム・コフトゥン選手、彼も18歳と若い選手です。この夏のアイスショー「The ICE」にアデリーナ・ソトニコワ選手と一緒に来日し出演、日本でも大いにファンを増やしました。
3位には小塚崇彦選手!なかなか思うような演技が出来ず苦しんではいますが、意地を見せてくれました。

ISU Grand Prix LEXUS Cup Of China 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。


*文字数セーブのため、以下の記述での大会名は、「中国杯」または略称である「CoC」と表記させて頂きます。
また、中国の選手の呼び方について、日本のメディアは漢字を強引に日本語読みする呼び方をしますが(例えばハンヤン(閻涵)選手をエン・カンというように)、このブログでは英語表記(ISUのスコア表示)に準じた呼び方を使うこととします。




*****

小塚は3位 17歳・閻涵、中国勢初のGP優勝=フィギュア中国杯・男子FS
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯が2日、北京で行われ、男子フリースケーティングでは、ショートプログラム3位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が、フリー145.30点、合計226.92点で3位に入った。
 優勝は中国の17歳・閻涵で、フリー155.48点、合計245.62点。中国勢で初めてGP大会を制した。2位はロシアの18歳、マキシム・コフトンでフリー156.81点、合計238.65点だった。

 冒頭の4回転に転倒した小塚。続くトリプルアクセルは着氷させ仕切り直したが、後半に入れたトリプルアクセルからの3連続は1つ目がシングルに。成功したジャンプは加点の出る出来だったものの、大技が不発となった。

2013年11月2日 スポーツナビ

*****


b0038294_1528470.jpg


優勝はハンヤン選手!
b0038294_15112970.jpg


*****

首位発信の閻涵、「驚き」の90点超え 中国杯
 (SP終了時の記事)
首位発進した閻涵(えん・かん)は90点超えの高得点で自己ベストを5・06点更新した。「自分にとっても驚き。他の選手があまりうまく滑ることができなかっただけじゃないか」と謙虚に話した。

 4回転を含むジャンプ全てでジャッジの加点を引き出し、地元開催の大舞台で観客の拍手喝采を浴びた。17歳のホープは「フリーでも練習してきたことを出したい」とあどけない笑顔で話した。(共同)

2013年11月1日 MSN産経ニュース

*****


あどけない笑顔…(笑)
私にはミステリアス(時には邪悪)な笑みに見える(笑)不思議と気になる雰囲気を持ってますよね。いいキャラです。

ハンヤン選手のシニアデビュー戦は昨シーズン(2012-2013年)終盤、今年2月の四大陸選手権です。今季からシニア本格参戦で、グランプリシリーズは初出場。その彼がいきなりSPとフリー1位となる完全優勝を地元で飾りました。
正直、SPで彼が一位になったことはちょっと意外でした。その前に滑ったマキシム・コフトゥン選手が2度の4回転を美しく決めていました。ステップでの転倒はあったけれどもSPで2回のクワドで稼いだ点を超えるのは結構大変なんじゃないかと思ったんですよね。
ですがハンヤン選手は全てのジャンプで高い加点を稼ぎ、演技構成点(PCS)も、ジュニア上がりの選手ではかなり高いといえる評価を受けました。ジャッジごとの採点では8点台が複数並び、シニアトップレベルの選手に引けをとらない評価でした。
フリップがエッジエラーを取られていますが、全体的にレベルの高い選手です。昨季はぎょっとする程大きな3Aや4Tに驚愕したのですが、今季は滑りの美しさも更に磨いて臨んできたという感じで、早速その成果が出ていたように感じます。

b0038294_17352647.jpg
b0038294_17353996.jpg
b0038294_1735545.jpg
b0038294_1736657.jpg
フリー終了後、採点を待つ間の祈りの姿勢(笑)。

今回の中国杯は今のところ私が見つけられる範囲だと写真の偏りが酷くて(女子表彰式などは殆ど写真が手に入ってない)、SPの写真も映りが悪いものしかなかったので、フリーだけにしました。


堂々たる素晴らしい演技でした。彼のようなユニークな個性の選手は見ていて本当に楽しいです。
おめでとうございます!


b0038294_18202070.jpg
小塚崇彦選手に祝福されるハンヤン選手。


Han Yan 2013 CoC SP -Viper's Drag

面白い振付が随所に。佐野稔さんがとても気に入っていらっしゃいましたね(笑)


FS -Minor Waltz

映画「ハンニバル」より、っていう(笑)




2位にはマキシム・コフトゥン選手!彼もシニアGPS初出場、初の表彰台です!!!
b0038294_18215534.jpg


SPはまさに神演技で、これは!と思った終盤まさかのステップで転倒…本人も悔しそうでしたね。

b0038294_18273275.jpg
b0038294_18274592.jpg
b0038294_1827566.jpg


SPの曲はフラメンコ。ミーシャ・ジー選手が踊りまくるプログラムが記憶に新しいですが、この曲いいですよね。きりっとしたマタドールを演じていました。フリーはチャイコフスキーのピアノ交響曲第一番。この曲も正統派でいいです!衣装もどちらもとっても良く似合ってました。
夏にThe ICEで見た時より顔が大人になった気がしました。18歳で育ちざかりですもんね~。

ただ、彼のジャンプは美しいのに、今回加点がびっくりするほど少ないですね。着氷後の流れは確かに詰まり気味でしたけど、SPの4Tはその辺りも割ときれいだったのに0.14しか加点をもらえてない。何が問題なんでしょう?
彼のジャンプは空中での回転速度がすごく早くて、見てて気持ちいいですね。まさに「ギュルギュル回る」って感じです。また、身のこなしも品があってすごく好きなスケーターですね。エキシビジョンではロシア伝統ともいえる(笑)オモシロプロもやってくれますし、今後楽しみな選手です。
上々のシニアデビューを飾りましたね。ロシア男子は五輪出場枠が1つしかなくて大激戦ですが、頑張ってほしいと思います!!!


Maxim Kovtun 2013 CoC SP -Flamenco



FS -Piano Concerto No. 1




3位は小塚崇彦選手!
b0038294_18365685.jpg


*****

<フィギュア>「ミス多すぎる」 小塚3位も笑顔なし
 6位に沈んだスケートアメリカから躍進して表彰台入り(3位)を果たしたものの、小塚に笑顔はなかった。「ミスが多過ぎる。自分のスケート人生で最悪の演技だった」。なかなかクリーンに演技をまとめられない焦燥感。自分自身に腹を立てた。

 出だしの4回転トーループは着氷したものの、直後に転倒した上に回転不足を取られて大幅減点。4回転ジャンプを2回跳ぶ予定だったが、精度が上がらず、見送ってトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に戻した。だが、中盤の3連続ジャンプは最初の3回転半が大失敗。難易度が高いとはいえない3回転フリップでも再び転倒し、「自分に対して情けない」と悔いた。

 演技後半にミスが集中しているわけではなく、必ずしも体力面での問題ではない。ジャンプの直前、過去の失敗例が頭をよぎる時があるといい、「トラウマと呼ばれるものを打破しないと。(失敗例が)頭をよぎっても大丈夫、と思えるものがほしい」と願う。

 ソチ五輪行きが懸かる年末の全日本選手権まで2カ月を切った。「100%はない世界だけど、100%をやり切って全日本に臨みたい」。24歳の決意は、師走の舞台で答えが出る。【芳賀竜也】

2013年11月2日 毎日新聞

b0038294_20192034.jpg


小塚崇彦「練習しかない」=中国杯フィギュア
 【北京時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯で男子3位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が3日、北京で取材に応じた。
 表彰台に上がったものの、ジャンプの失敗など精彩を欠き、スケートアメリカ6位の成績と合わせGPファイナル進出も絶望的となった。ソチ五輪代表争いも厳しさを増したが、佐藤信夫コーチから「最後まで諦めないように」と諭されたことを明かし、「とにかく練習するしかない。それに尽きる」と12月の全日本選手権をにらんだ。
 女子4位の村上佳菜子(中京大)は「結構前向きになれたので、練習を頑張りたい」と話した。両選手はこの日、エキシビションで華麗な滑りを披露した。 

2013年11月3日 時事通信

b0038294_7571767.jpg


【フィギュア】小塚、2度転倒も3位!代表争いへ「やるしかない」
 今季GP初の表彰台にも小塚の表情はさえなかった。2度転倒し、フリー、合計ともに自己ベストを30点以上下回った。6位に沈んだ第1戦スケートアメリカの雪辱を狙ったが「ミスが多すぎる。これまでで最悪のパフォーマンス」と落胆した。

 2度の4回転に挑むつもりだったが、午前の練習で失敗が続いたため「無謀なことをしても仕方ない」と1度に減らした。冒頭の4回転は回転不足で転倒。後半の3回転フリップでも再び転倒した。「ジャンプのタイミングが合っていなかった」と反省した。

 ソチのメダルに不可欠な4回転。「不安がよぎる」と苦しんでいるが、佐藤信夫コーチ(71)は「気持ちの問題もある」。GPファイナル進出は厳しくなり、12月の全日本に照準を合わせる。激戦の代表争いへ「練習をやるしかない」と力を込めた。

2013年11月3日 スポーツ報知

*****


昨季発覚した先天性の股関節の問題を抱えながら、昨季後半から試行錯誤を続けている小塚選手。
完治には手術しかないが手術すれば五輪には間に合わないので、トレーナーをつけて股関節に負担のかからない体づくりをしながらの五輪シーズンとなります。100%やれることはやった、という練習が出来ていないので、一度失敗してしまうとその不安が更に強く頭をよぎるのだと思います。
痛みはもうない、と話していますが、五輪選考がかかった状態では痛くても痛いとは言わないでしょうし、体力づくりをしつつ、痛みを出さないよう練習量も調節していると思います。
一番力を出し切らないといけない時期に、思う存分練習ができない。彼は今身体的にも精神的にも、私達が思うよりもずっと追い込まれた状況なのではないでしょうか。

b0038294_20582751.jpg
b0038294_832288.jpg
b0038294_20591447.jpg
b0038294_20595727.jpg
b0038294_2101915.jpg
b0038294_75866.jpg


ファイナルは恐らく出場は難しいでしょうが、でも考えてみればトリノ五輪金メダルの荒川静香さんも、バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央選手も、五輪シーズンのファイナルには出場できていません。
今回日本男子がこれだけの激戦なので、全日本までに少しでも実績を取っておきたいという気持ちはあるでしょうが、五輪の選考においてファイナルと全日本のどちらが重要かと言われれば絶対に全日本なので、ここは荒川さんのように「時間ができた」と切り替えて、全日本に向けてしっかり調整していくしかないですね。GPS2試合は終わったしファイナルの間もピーキング等を考えずに練習できるのですから、疲労をしっかりとって、自分のペースできっちり調整していくことが大事です。

b0038294_20585410.jpg


現在世界一層が厚く五輪枠の激戦が伝えられる日本男子。高いレベルでの戦いが期待され、GPSも神演技続出するのでは、というムードの中シーズンが始まりましたが、ふたを開けてみれば高橋選手、羽生選手、そして小塚選手というこれまでの日本男子を引っ張ってきたトップオブザトップが期待された内容を残せていない。そして昨季まではこの3人の陰に隠れていた町田選手、織田選手が躍進を見せている。
思うのですが、これは(仕方ないのですが)高橋、羽生、小塚の3選手は今シーズンが厳しい戦いになるということを意識しすぎて、却って力を出し切れていないということはないでしょうか。そして織田選手や町田選手は、言い方は悪いですがその3人に遅れを取っている分「やるしかない」と腹を括れるし、守るものも迷いもなく試合ができる。その精神状態の差が、この番狂わせの原因に関係するのではないかという気持ちがどうしても拭えません。

小塚選手には体に無理な負担をかけず、信夫先生の仰る「最後まで諦めないように」という気持ちで、全日本に可能な限りのベストな状態で臨めるように、頑張ってほしいと思います!!


Takahiko Kozuka 2013 CoC SP -Unsquare Dance



FS -Introduction et Rondo Capriccioso Op. 28




4位にはデニス・テン選手!彼も体調不良で欠場の可能性もありましたが、素晴らしい演技を見せてくれました!
b0038294_21471474.jpg


GPS開幕前に、足の炎症が体に回ってしまい、足首や顎に湿疹?が出来てしまったそうです。スケート靴を履くと更に悪化し、顎の方は歯にも影響し、歯もも抜く羽目になってしまったと。スケートアメリカを欠場し、この中国杯も欠場するのではないかという情報が公式練習まで飛び交いましたが、出場してきてくれました。とはいえ、まだ完治はしていないそうです。

b0038294_2159935.jpg
b0038294_21584783.jpg
b0038294_21593041.jpg
b0038294_21594350.jpg


ですが演技は、そんなことを感じさせないものでした。
テン選手のベストに比べると、やはり力強さは足りない感じはしましたが、彼の美しい滑りやジャンプはしっかり見ることが出来ました。
ただ彼も五輪出場のためには国内選手権に出る必要もあると思いますので、とにかく今季はいつも以上に試合に優先順位をつけて、まずは体をしっかり治して、絶対五輪に出てきてほしいと思います。
頑張って下さい!


Denis Ten 2013 CoC SP -Danse Macabre



FS -The Young Lady and the Hooligan




6位はフローラン・アモディオ選手。
b0038294_82946.jpg


アモディオ選手は今年6月にニコライ・モロゾフコーチの元を離れ、バンクーバー五輪の頃、ロシアのタチアナ・タラソワコーチのアシスタント?として浅田真央選手についていたザンナ(ジャンナ)・フォレコーチにつきました。

b0038294_8315171.jpg
b0038294_8322257.jpg
b0038294_8323960.jpg
真央選手についていた頃。五輪前はずっと日本に滞在し、真央選手を指導していました。

b0038294_8302175.jpg
今もお美しい。


モロゾフコーチを離れた理由としては、いろんな情報やインタビューを訳して下さったものなどを読んでみると、(ざっくり言うと)モロゾフが高橋大輔選手に入れ込んでしまい、彼を指導する時間が減ったことが大きいようです。
なんか気の毒です。こんなに美しくジャンプも跳べて、表現の幅も広くて、素晴らしい選手なのに。
モロゾフって本当に、こういう所はコーチとしてダメですよね。引き受けるなら、古参の選手に不満を持たせてはダメです。
結局モロゾフにとって、アモディオ選手は高橋選手の幻を投影した存在というか、はっきり言ってしまうと「代わり」でしかなかったのかと、ちょっと腹が立ちます。本物が戻ってきたらもう用済み、みたいにしてしまうって酷い。彼にとっては欧州王者になって、フランスチャンピオンにもなって、これからキャリアを確固たるものにするという大事な時期なのに。しかも五輪シーズン。
そもそも最初に高橋選手がモロゾフの元を去ったのも、高橋選手に何も知らせずに織田信成選手をリクルートしたというスタンドプレーが原因ですからね。
数々の選手を育て上げ、素晴らしいプログラムを作った実績は認めますが、ニコライ・モロゾフは信夫先生やミーシン、タラソワやキャロル等のような名将にはなり得ないな、と思いました。選手を大事にしない人は、最終的には尊敬されないですよ。
それにもし高橋選手がこの事を聞いたら気に病むでしょう。高橋選手は悪くありません。選手にコーチの情熱の差について(アモディオ選手的にも、高橋選手的にも)ストレスを与えないようにするのはコーチとして基本中の基本ではないでしょうか。

激高(笑)してしまいましたが、アモディオ選手の演技。

b0038294_8491023.jpg
b0038294_8491894.jpg
b0038294_8493049.jpg
b0038294_8494142.jpg
b0038294_8494837.jpg
何やってんですか(笑)


最近モロゾフの「エンターテインメントを推し過ぎて空回り」的なプログラムが多く、彼の美しい滑りに合った演技も見たいと思っていた私はちょっと嬉しかったです。ミスはありましたが、ここ1、2年よりも気持ちよさそうに滑っているように見えました。
コーチが変わってまだ約4ヶ月、手探りの状態だと思いますが、実力は間違いなくある選手。焦らずにしっかり目標の試合に照準を合わせて行ってほしいです。
彼の新しい出発と、その先に続く道が明るく輝くものでありますように。


Florent Amodio 2013 CoC SP -La Cumparsita arranged



FS -Under The Moon/Happy/La vie en rose




8位はナンソン選手!
b0038294_1433129.jpg


ナンソン君、いろんな意味で美しくなっていてびっくりしました!!
前も4回転も跳べる中国のエース、という感じはしたけれど、基本的に気持ちを押し出す表現をすることはあれど、わりと淡白なイメージがありましたが、今季の彼は演技がものすごく洗練されたものになっていました。
男性の繊細な美しさ、物語性みたいなものをきちんと表現出来ていて、顔つきも更に大人になって、演技もお姿も更に美しくなってました。すごい!!

b0038294_1424260.jpg
b0038294_1425666.jpg
b0038294_1444461.jpg
b0038294_1435313.jpg


昨季中国杯の6分間練習で他選手と衝突して怪我をしてしまったりしましたが、無事に復帰して良かった。今季の彼のプログラムは出来上がりが楽しみですね。ジャンプが今回安定せず順位を下げてしまいましたが、とても美しいプログラムになっていると思います。
彼も砂漠状態だった中国男子の中で先頭でレベルを上げるべく奮闘してきて、この大事なシーズンに強力な若手が参入したというのは嬉しくもあり焦りもあるという状況かもしれませんが、是非お互い切磋琢磨して、どんどん中国男子シングルの、そして男子フィギュアのレベルを盛り上げていってほしいと思います。頑張ってください!!


Nan Song 2013 CoC SP -Guitar Concerto

ギター・コンチェルト! 小塚崇彦選手がバンクーバー五輪シーズンのフリーに使用した曲ですね。名曲です。
ギターは布袋寅泰さん。


FS -The Mission

曲も演技も、そして衣装も素敵。ちょっと私服っぽい(笑)のがまたいいです。よく似合ってます。



今大会、個人的には「自分は中国男子の滑りが好きだ!」と改めて気づかされる試合となりました。
皆さん個性はまちまちですが、ハンヤン選手も、ナンソン選手も、そして記事を書けませんでしたがイーワン選手も、皆さん別な個性がありつつ、とても美しい滑りとジャンプを見せてくれました。折り目正しい感じが見ていてとても気持ちよかったです。


それぞれがそれぞれの事情や体調を抱えて戦うフィギュアスケート。それは今に始まったことではないのですが、今季、そして今大会特にそれについて考えさせられる試合でした。
選手の皆様、お疲れ様でした!!

b0038294_1429750.jpg
b0038294_1429274.jpg



<関連コラム>
ケヴィン・レイノルズ選手が初優勝! -2013四大陸選手権・男子シングル  2013年2月13日
若さが席巻の男子SP -2013年四大陸選手権・男子シングル  2013年2月12日
by toramomo0926 | 2013-11-03 15:22 | フィギュアスケート


<< アンナ・ポゴリラヤ選手GPS初... チャン選手優勝、羽生選手銀メダ... >>