もっと競技と他選手に敬意を
b0038294_1454996.jpgこのニュースは少し前に聞きかじっていたがジャッジへの不満をグチった選手は他にもいたし(ジュベールとか、(笑)まさかここまでとは思わず聞き流していたもので、今日映像を見て(遅まきながら)大変驚いたので書くことにする。

旧聞になるが、グランプリシリーズ中国大会終了後、中国大会でキム・ヨナ選手のリップ(不正エッジのフリップジャンプ)に関して初めてe判定がついたことで、キム選手とコーチのブライアン・オーサー氏は「ジャッジは不愉快、他の選手を減点しろ」と具体的な選手名を挙げて不快感を表明した。
しかし彼女の不正エッジ(にもかかわらず減点されず加点までされている)は昨季も話題になっており、今回はファンの間でも「やっと普通に採点がなされた」との声が殆どだ。
ジャッジに対して不満を持つことは選手や彼らの努力を知るコーチ達なら誰でもあるだろうが、今回キム選手陣営とオーサー氏が同じ試合に出場していた他選手の具体名を挙げて「彼女はどうだ。ユナを減点するなら彼女も減点しろ」と抗議をしたことに対しては批判が集まっている。

Yuna Kim criticized the judge.





韓国で流れたニュース映像のようですが、これはひどいですね。
初めてe判定がついたのが余程ショックだったようですが、
スケートアメリカで(というか去年もずっと)eが付かなかったのが不思議なほどのリップ(不正エッジのフリップジャンプ)を跳んでいながら、他選手(この場合は安藤美姫選手)を引き合いに出してまで自己を正当化するのには本当に驚き、そして不快でした。そんなに自国からの勝利へのプレッシャーが大きいのでしょうか。
足元のスローを見れば不正エッジであることは一目瞭然なのを選手やコーチ本人が分からないはずはありませんよね。他選手と比べる前に自分の滑りをよくチェックしたほうがいい。
今後彼らはキム選手にeや!が付くたびにこのような見苦しいことをするつもりなのでしょうか。

抗議するのに他選手を引き合いに出すくらいなら、そして本当に彼女のフリップが減点されるのは不当だというつもりなら、問題になっている今大会(中国大会)のキム選手本人のフリップについて足元のスロー映像をジャッジに見せて抗議すればいい。それが一番効果があるはずだし、抗議するのならそれが正しい方法だと思う。
それをせずに何の関係もない安藤選手の映像を持ち出して減点するよう求めるのはお門違いだし、本当は正しいエッジで跳んでいないのをわかっているから自分のビデオを持ち出せないのではないでしょうか。
彼女のe判定は妥当です。今までの加点がおかしかっただけで、今回正当に採点されたまで。

キム・ヨナ選手 中国大会フリー 3フリップ-3トウループ

フリーの3F-3Tのコンビネーション。完全にアウトエッジです。
e判定を受けたのはショートプログラムのほうで、フリーはこれでも減点のない「!」判定で済んでいます。キム選手やオーサー氏はむしろラッキーと思うべきではないでしょうか。
これで「不愉快」といわれたら、もう採点の基準は破綻すると思うのだけど。


これまで選手やファンが長い間キム選手に対するエラーと回転不足の見逃し、多すぎる加点に感じてきたストレスは、今回キム選手とブライアン・オーサーコーチが感じたそれとは比べものになりません。それでも彼女の名前を挙げて糾弾する選手やコーチはいなかった。
彼らにはもっと謙虚な気持ちで、ジャッジや他選手、そして競技そのものに敬意を払ってもらうことを望みます。


今年のグランプリファイナルの開催地は韓国。特に韓国に対して嫌な感情は持っていないつもりだけど、こういうニュースをみるとちょっとげんなり。もう彼女の3連覇は約束されているのではという悲観的な妄想さえ頭をよぎる。
採点競技というのはどうしてもジャッジの主観が入る傾向があるので得点に曖昧なところがどうしても出てきてしまうが、ジャッジは圧力や金銭に左右されることなく、誇りをもって正当なジャッジをして欲しい。

キム・ヨナ選手に初のe判定-グランプリシリーズ中国大会  2008年11月9日
順位に異論はないけど、採点は大いに疑問  2008年10月30日
by toramomo0926 | 2008-11-29 15:07 | フィギュアスケート


<< 浅田真央、完全復調で優勝-グラ... 「まおちゃん」から「競技者・浅... >>