見ごたえのあったNHK杯
b0038294_19492910.jpgNHK杯が終了した。
男子は昨シーズンの謹慎から復帰した織田信成選手が優勝、女子はフランス杯から劇的に調子を戻した浅田真央選手、大躍進の鈴木明子選手、怪我を感じさせない素晴らしい演技を見せた中野友加里選手が表彰台を独占。
ペアも井上怜奈選手とジョン・ボールドウィン選手のカップルが2位になるなど、日本選手が大活躍した大会だった。
勿論他国の選手もとても素晴らしく、チケットが取れなかったのが本当に残念でした(笑)。ですがTVでも充分に堪能しました。皆さん素晴らしかった。

浅田真央 2008NHK杯エキシビジョン「Por Una Cabeza」

アンコールではフリーのストレートラインステップを披露。
ステップは3Aと同様すっかり彼女の代名詞になりましたね。




自国の選手が活躍したということを抜きにしても、今回のNHKは見応えがありました。
若い長洲未来選手やアシュリー・ワグナー選手は生き生きと演技していたし、男子ではフランスのヤニク・ポンセロ選手のフリー冒頭のクワド(4回転)ジャンプは、今まで私が見たどのクワドよりも美しかった。

b0038294_207723.jpg織田信成選手は一周りり大きくなって帰ってきましたね。
オフのショーの頃からジャンプの正確性が増したなあと思っていましたが、SPは特に素晴らしかった。謹慎中にしっかりと鍛錬してきたのがわかります。
コーチの変更についてはいろいろありましたが、決まった以上は後ろを振り返らずやるしかないし、それは高橋選手も同じだと思います。両者ともにもうこの件についてはケリがついている感じなので(引きずってるのはモロゾフだけなのかも)、見る側の私達も、特にマスコミは今後そういうことに2人を絡めて報道することなく、ただ活躍を見守りたいですね。頑張って欲しいです。

特に今季高橋大輔選手が怪我で試合に出られないので、来季に迫ったオリンピックの枠取りは彼が柱となって頑張らなければいけません。日本男子、3枠取れるといいですね。
彼のスケーティングの滑らかさとスピンの速さと柔軟性、着地まで柔らかく軽いジャンプが戻ってきたのが本当に嬉しい。

織田信成 2008 NHK杯SP 仮面舞踏会

実況はロシア語なので、内容はわかりません(笑)
浅田真央選手のフリーと同じ曲ですが冒頭が少し違いますね。あとテンポが微妙に速い気がします。この速さでは浅田選手は倒れてしまうでしょう(笑)
打楽器などが重厚な曲ですが織田選手の軽やかな滑りともマッチしていますね。彼の滑らかなスケーティングはワルツに合っているのかもしれません。最後までスピードと流れのある完璧な演技でした。

b0038294_20364646.jpgフランスのヤニク・ポンセロ選手は3位に入りました。
実は私は彼の演技をちゃんと見たのは初めてだったのですが、ジャンプの高さと着氷の美しさ、姿勢のよさなどに釘付けになってしまいました。
現在フランスではジュベール選手に次ぐ2番目の選手だとのこと。ジュベール選手がこのところ往年ほどの圧倒的な強さを失いつつあるので、ひょっとしたらオリンピック前後で勢力図が変わってくるかもしれません。
でもジュベール選手も爆発するとまだまだすごいパワーを持っているので、目が離せないですね。

22歳というのはフィギュア選手としては決して若いとは言えませんが、可能性をすごく感じさせる選手だと思います。これからは彼にも注目していきたいです。


b0038294_2241179.jpg女子では鈴木明子選手が復帰2年目でNHK杯2位という快挙を達成しました!
6年近く療養のためリンクから遠ざかっていた彼女は、インタビューでも話していましたが「滑ることが出来る幸せ」を噛み締めているのが伝わってきました。
そのためか、SP、フリーともに堅さがあまり感じられず、一番リラックスしているように見えましたね。
キレがあり伸びやかな演技で、グランプリシリーズ初出場で2位獲得。本人もびっくりしていたしコーチは「事件だ」と言っていたようですが(笑)オリンピックシーズンを前にかなりの大躍進です。来年の出来次第では代表の1枠に飛び込むかも、という素晴らしい演技でした。



b0038294_22191065.jpg中野友加里選手は3位で、グランプリファイナル出場を決めました。おめでとうございます!
股関節の故障があったということでSPは調子が出ず5位とびっくりするスタートでしたが、
フリーでは完璧な演技をして3位に飛び込みました。
演技終了後感極まった姿を見てこちらもちょっとウルっときてしまう程でした。彼女にとってSP5位はショックだったろうし、怪我のこともあって不安は大きかったと思いますが、見事に滑りきりました。
彼女は本当に安定していますよね。コツコツと確実に努力を積み重ねてここまできたというしっかりと揺るがない地力を感じます。

彼女が大崩れすることは殆どないですよね。どんな選手でも連戦、連戦となる中で体調や調子を崩さずに保つのは難しいと思うのですが、彼女は演技に波がないのはすごいことだと思います。また、今回フリーは故障を感じさせない素晴らしい出来だったと思います。

中野友加里 2008NHK杯フリー 「ジゼル」

British Eurosportの実況。
バレエの動きを取り入れたプログラム。衣装もすごくリンクに映えるし、ジゼルのイメージにはぴったりだと思います。最後のポーズまで笑顔だったのに、音楽が終わった途端に涙ぐんでいたのが印象的です。


若い選手の台頭も感じられる大会でした。

b0038294_238525.jpgアシュリー・ワグナー選手はスピードとキレがあり、かつ雑にならない演技で好きなのですが、今回思いのほか点が伸びずちょっとかわいそうでしたね。
フリーの得点が発表されたときには会場からも驚きの声が上がるほどでした。惜しくも表彰台を逃して4位。
動画が上がっておらず、写真も今年のが探せなくて去年のです。残念。
彼女は17歳!浅田選手より年下とは・・・グリーンの瞳がものすごく澄んでいて美しいです。
去年シニアデビューした時も素晴らしかったですが、今年体を絞ってきましたね。アメリカ選手は年齢とともにがっしりしてしまいがちですが、鍛えてきたのが良く分かります。

無良崇人選手は今年シニアデビュー。5位でした。
私が記憶している彼はまだ小さな男の子だったので、いきなりの成長振りにびっくり。大人になりましたね。
b0038294_23142830.jpg
小さい頃は男子では珍しくビールマンスピンができることで有名でした。なんかいつのまにこんなに大きくなってしまっていたのね・・・

本人も今回の試合でシニアでの自信がついたと言っていたので、これから楽しみな選手です。今年は小塚選手も伸びてきているし、男子もどんどん育ってきていますね。


b0038294_23205481.jpg長洲未来選手は8位でした。
演技に相当悔いが残ったようで、涙も見せていました。辛い試合だったと思いますが、相変わらずのびのびとした演技は失敗があったとしても見ていて楽しかった。
スケートアメリカでは足を骨折したと報じられていましたが、その後回復はどうなのでしょうか。今回が怪我の影響もあるとしたら、無理をしないで欲しいと思います。きちんと直さないで古傷化というか、影響が後々まで残るようなことになったら大変です。
今年シニアデビューしたばかりなのですからまだまだ競技人生は長いです。しっかりと治療をして欲しいですね。


結構中身の濃い大会だったと思います。次はグランプリファイナル。みなさん怪我に気をつけて、最高の演技を見せてもらえるよう期待したいです。

b0038294_23292070.jpg



Excite エキサイト : スポーツニュース
Excite エキサイト : スポーツニュース
by toramomo0926 | 2008-11-30 19:54 | フィギュアスケート


<< 浅田真央がグランプリファイナルを制す 浅田真央、完全復調で優勝-グラ... >>