2013年 03月 14日 ( 1 )
凄まじいハイレベルの戦い、日本勢は思わぬ苦戦 -2013年世界選手権・男子シングル
b0038294_18551590.jpg
2013年世界選手権がカナダのロンドンで(と書くとちょっと変な感じがしますが)始まりました!
男子シングルはショートプログラム(SP)から4回転(クワド)を当然のように入れるハイレベルな戦い。やはり毎年行われる試合の中で一番大きな、権威ある試合となる世界選手権は選手にとって特別な試合なんだなというのを改めて感じました。これまでの試合とは桁違いの緊張感というものを選手の表情や会場の雰囲気から感じ取ることが出来ました。
特に今大会は、来年行われるソチ五輪の各国出場枠が成績によって決まるという、通常よりも更に重要性が増した試合であるためか、SPから激しく火花の散るような戦いとなりました。

地元カナダのパトリック・チャン選手は今季苦しんでいましたが、今大会見事な演技を見せてトップ、2位にはパーソナルベストを大幅に更新するパーフェクトな演技を見せたデニス・テン選手が、3位には四大陸選手権での優勝で大きく自信をつけたケヴィン・レイノルズ選手が入りました!
日本男子は高橋大輔選手が4トウループ(4T)は両足着氷になったもののミスを最小限に抑えて4位、羽生結弦選手が体調を崩した影響を引きずりジャンプミスが重なってしまい9位、無良崇人選手は4Tが1回転に抜けてしまうミスがあり11位スタート。
五輪出場枠「3」は同国の出場選手中上位2人の順位の合計が「13」以内という規定となっています。盤石と思われた日本男子の「3枠」が少し危うい状態となっていますが、フリーで巻き返してくれると信じています!!


ISU World Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

続きを読む
by toramomo0926 | 2013-03-14 19:17 | フィギュアスケート