2013年 12月 23日 ( 1 )
2013年全日本選手権・男子シングル
b0038294_8133142.jpg


ソチ五輪派遣選手選考の最終かつ最重要試合となった2013年全日本選手権・男子シングルは、ただでさえ世界一激しいと言われていた中で更に過酷な争いとなり、選手やコーチは勿論だろうが、見る側も命を削るような辛さだった。
その凄まじさは、このような状況で良くメディアで使われる「ドラマチック」「激戦」などという文言すらも意味をなさない程軽く、場違いなものとなった。
選手は「絶対五輪に行きたい」という気持ちの中、極限の緊張感と闘っていたし、観客や視聴者は全員五輪に行ってほしい、誰にも落ちてほしくない、一体どうしたらいいのかという混乱を抱えたまま試合を見守るしかなく、特に最終グループからは会場も異様な雰囲気となっていた。

その中で、羽生結弦選手がSP・フリーをほぼ完璧にまとめた演技で一人飛び抜けた点数を出しての優勝、全日本2連覇を決めた。
2位には五輪への強い思い、出たいという気持ちを誰よりも出して自らを鼓舞し続けた町田樹選手がやはり4回転を含めた全ての演技をしっかりやりきって入り、3位には先天的な股関節の故障に見舞われ、この試合で表彰台に乗るしか活路が残されていなかった小塚崇彦選手が、「これこそが彼のスケート」という素晴らしい滑りを復活させて入り、表彰台を掴みとった。
織田信成選手はフリーは素晴らしかったもののSPのミスを取り返しきれず4位。高橋大輔選手は直前の右足の怪我で満足な練習が出来ないまま臨み、観客の心は一番掴んだけれどジャンプのミスが重なり5位となった。
無良崇人選手も高難度ジャンプでのミスが重なり6位。

五輪派遣選手は今晩発表となるが、現時点で派遣が内定しているのは羽生選手のみ。選考基準に照らすと、町田選手も恐らく選ばれるであろうと言われている。
残る1枠を、小塚選手の今大会の演技と成績で選ぶか、高橋選手の今季ここまでの成績とグランプリシリーズでの実績を取るのかになるが、判断が非常に難しい問題で、まだ誰にも予想すらついていない。きっと選考する日本スケート連盟もかなり頭を悩ませている状況と思われる。


第82回全日本フィギュアスケート選手権大会

順位と得点詳細。
「競技結果」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「滑走順/得点詳細」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細を見ることができます。

続きを読む
by toramomo0926 | 2013-12-23 08:11 | フィギュアスケート