<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
彼の孤独を思う-マイケル・ジャクソン追悼
b0038294_22363634.jpg彼は彼を愛する人にとって文字通り「神」だった。音楽にそれほど興味のない人でも、彼を知らない人はいないだろう。

小さい頃から人前で歌い続け、賞賛され、神格化されることによって、直接彼に触れる人、触れられる人は少なくなる。「畏れ多さ」が先に立ち、彼を遠巻きに見つめるようになる。そしてセキュリティ上の理由からも彼に近づく人は前もって選別され、むやみに近づけない状況にもなっていく。
彼にまっすぐ近づき、ためらいなく、何の取引もなく、まっさらな心で抱きしめることのできた人は一体何人いたのだろうか。
人気が出れば出るほど、不特定多数から愛されれば愛されるほど、自分自身が直接的な愛情を受けられなくなるというようなパラドキシカルな状況に彼は幼少時からずっとさらされてきた。一体彼はどのようにしてこの孤独を乗り越えていたのだろうか。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-06-29 23:26 | エンタメ
解答のない問題-臓器移植法改正
b0038294_20475951.jpgこの問題は、この問題だけは「こうあるべきである」ときっぱりと答えられる人は誰もいないのではないだろうか。
今回の可決について「充分に議論が尽くされていない」という意見もあるが、長い時間をかけたとしても結論が出るかどうかわからない。どれだけやれば「充分」なのかも誰にも決められない。だからといって早急に決めて良い訳では勿論ないが、それくらいデリケートな問題だ。立場が変われば何を優先させたいかが180度変わる。明確な「解答」というのは永遠に出ないと思う。

しかし、現在臓器移植を求めている小さな命が海外で移植手術をするための莫大な資金を集めている間に力尽きてしまったり、海外で「受け入れてほしければ前金で4億円払え」というような「日本人レート」といってもいいような法外な手術代を吹っかけられたり(ドイツ人の患者が同様の手術を同じ病院で受けた場合は4,000万円弱だったらしい)するようなひどい事態が起こっているだけに、今新しい基準をつくることはやはり必要だったと私は思っている。

ただ、決の採り方についてはこの決め方でよかったのか、という疑問は残る。
「議論が尽くされていない」という意見について、「投票・採決の方法について議論が尽くされていない」とするならば私は賛成である。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-06-20 21:09 | 政治
余人に代え難い歌の世界
今回については個人的な好みの話になるので、かなり主観的な内容になります。異論のある方もいらっしゃると思いますが「筆者はこう感じているのだ」という気持ちでお読み頂ければと思います。

b0038294_19134016.jpg私は音楽が好きだ。クラッシックからハードロック、ハワイアンまで結構いろいろなジャンルを聴くけれど、どのアーティストやバンドの曲が好きになるかというのには何となく自分なりの基準があるように思う。それは「余人に代え難いもの」があるかどうかということ。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-06-06 09:23 | エンタメ