<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
本質を見出す力、評価をひっくり返す力-浅田真央選手
b0038294_2211247.jpg
全日本選手権を終えて、私は浅田真央選手の「本質を見出す力」と「評価をひっくり返す力」に本当に感服しました。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-29 21:54 | フィギュアスケート
五輪代表決定-フィギュアスケート全日本選手権
b0038294_221891.jpg
b0038294_22542572.jpg

全日本選手権が終了しました。
今年の全日本は五輪選考会も兼ねており、男女ともに優勝者は自動的に五輪出場が内定します。試合終了後そのまま内定者決定の発表が行われ、男女ともに2010年バンクーバーオリンピック出場者が決定しました。

男子:
高橋大輔選手
織田信成選手
小塚崇彦選手

女子:
浅田真央選手
鈴木明子選手
安藤美姫選手

内定のみなさん、本当におめでとうございます!!

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-27 22:25 | フィギュアスケート
小塚崇彦選手-少年から精悍な青年へ
b0038294_1713580.jpg
ついに全日本開始です。
男女問わず全ての選手の演技が楽しみなのですが、浅田真央選手と同様グランプリファイナルに出場できなかった小塚崇彦選手の演技が恋しかったので、今日の日はドキドキしつつも本当に楽しみにしていました。

小塚選手は昨年3月の世界選手権8位に食い込んだのを皮切りに、10月にスケートアメリカで優勝してから大躍進のシーズンでした。その時にずっと感じていたのが、「顔つきがどんどん精悍になってるなあ」ということ。
写真を並べて比べてみると、こんなに違います。上は昨季の初戦スケートアメリカ、下が今季のロシア杯の写真です。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-25 17:17 | フィギュアスケート
今季のプログラムを冷静に評価してみる-浅田真央選手
b0038294_20485213.jpg
全日本まであと一週間ほどに迫りました。楽しみですね。

今季浅田真央選手は「不調、不調」と言われ続けています。確かにトリプルアクセル(3A)の成功率は、殆どを決めてきていた昨年より今のところ落ちています。
ですがそのショックで見る側も冷静さを失ってはいないでしょうか?実のところ、私はそうでした。

3Aが去年に比べてびっくりするくらい決まらないことと、ショートプログラム「仮面舞踏会」が昨季のフリーと内容があまりにも酷似していたこと、また「鐘」という曲の重厚さに圧倒され、ショックを受けました。そのため演技の内容があまり頭に入らず、かなり悲観的に考えたのです。

確かにジャンプが決まらないと演技全体の「見栄え」は悪くなります。インパクトも薄れる、それは確かでしょう。
ですが冷静に見て、実際彼女はそんなに言われるほどのひどい演技をしていたのでしょうか。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-18 10:15 | フィギュアスケート
浅田真央選手の魅力 -美しいポジション
b0038294_23144721.jpg
浅田真央選手の魅力について述べようとしても、私は一言ではとても言い表せません。
思い切りざっくりと言えば、海外の解説者が彼女について述べる時によく使う「Complete Package」(またはWhole Package)という言葉(必要な全てが揃っている、という意味)が一番しっくりきます。この言葉はイチローを表現する時にもよく使われていますね。
フィギュアスケートの歴史の中でも、ここまで全てが水準以上のレベルにある選手はかなり珍しいといってもいいのではないでしょうか。
女子では歴史の中でも数人しか飛べていないトリプルアクセルを跳ぶことができ、手の支持なしでも足を高々と上げてスパイラルを伸びやかに滑り、高い柔軟性を必要とする姿勢で、軸のぶれないスピンができる。また男子並みに激しいステップをこなす技術と体力もあり、かつ柔らかく優雅な身のこなしは、エレガントなスケーターという評価を既に世界で確立しています。
今回のグランプリファイナルを見て、真央選手の存在というか彼女のスケーターとしてのスケールの大きさというものを改めて実感し、その不在感をかみしめた方は多いのではないでしょうか。

今回特に取り上げたいのは、彼女のポジション(姿勢・ポーズ)の美しさについてです。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-10 20:41 | フィギュアスケート
「スピン2回分0点」の謎解明ー高橋大輔選手 グランプリファイナルFP
b0038294_19221719.jpg
グランプリファイナルの男子フリーで、高橋大輔選手のスピン2回分がノーカウント(無得点)になっていた件について、「自分は規程などに詳しくないためわかっていない」と先日グランプリファイナルのフリーについて書いたときに述べました。
友人に尋ねたりした結果あるブログにたどりつき、そこにあった説明で全てがはっきりしました。
ファイナルの記事が中途半端になってしまっていたし、高橋選手の得点について疑問を持たれた方も(多分)多いと思うので、受け売りではありますが、ここに詳しく述べたいと思います。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-09 13:56 | フィギュアスケート
浅田真央Montage - "I Love You Always Forever"
グランプリファイナルは勿論楽しかったのだけれど、男子に比べて女子はちょっと物足りない気がしました。
というか、やはり浅田真央選手がいないファイナルは、個人的には香辛料が足りない感じ。
早く真央選手の演技を見たいなーと思いながらも、25日の全日本までは無理なので、仕方なく動画サイトで飢餓感(笑)を凌いでいる状態です。
そんな中、ステキなモンタージュを発見しました。

Mao Asada - I Love You Always Forever

「月の光」に音楽が差し替えられてしまってますね。ニコニコ動画にもとの動画がありましたが、私のPCでは今度は映像が乱れがちです。見られる方は下からどうぞ。





ファンの方が作ったモンタージュ。写真選びが秀逸です!ステキな写真ばかり。手が込んでます。
音楽もDonna Lewisのヒット曲「I Love You Always Forever 」なのも良いです♪
この曲が入ったアルバム「Now in a Minute」を昔ヘビロテで聞いていた時期のある私は、懐かしくも嬉しくなりました。

ああ、早く真央選手の演技が見たい。「仮面」を「鐘」を見たいです。
by toramomo0926 | 2009-12-07 21:07 | フィギュアスケート
代理戦争反対-ニコライ・モロゾフ氏の発言に思う
b0038294_18381688.jpg今日、安藤美姫選手や織田信成選手のコーチ兼振付師をしているニコライ・モロゾフ氏が、他の日本人選手陣営について批判と言っていいコメントをしたことが報じられました。俎上に上がったのは安藤選手とメダルを争うことが予想される浅田真央選手陣営や、一昨年まで自分の教え子だった高橋大輔選手陣営など。
私は浅田真央選手のファンだけれど、それを抜きにしても彼のコメントを読んですごく残念に思いました。
男女ともに教え子が五輪内定して有頂天なのかもしれないし、酔っ払ってるのかもしれないけど(笑)ちょっと品のない発言だし、大人気ないなあという感じです。

(以下記事抜粋)
***************
美姫のコーチ自信満々!真央&高橋陣営をバッサリ

愛弟子の快進撃で名コーチが言いたい放題だ。フィギュアスケートのGPファイナルから一夜明けた6日、ともに2位で10年バンクーバー五輪代表に内定した安藤美姫(21=トヨタ自動車)、織田信成(22=関大)を指導するニコライ・モロゾフ・コーチ(33)がメディアに対応。2人のライバル・浅田真央(19=中京大)と高橋大輔(23=関大大学院)の陣営をあからさまに挑発した。

 安藤を指導して4シーズン目になる同コーチは「長い時間をかけてスケーターを理解しないと、ベストを引き出すプログラムはつくれない」と力説し、浅田と長い時間を共有していないタラソワ・コーチをけん制。「際立ついいものができた」と語る安藤のフリー「クレオパトラ」と比較して、「他の選手は100年以上も前に死んだ作曲家の曲ばかりでどうなんだろう」とまで言った。

 また、SPで首位に立ちながらフリーで4回転を失敗して5位に転落した高橋についても「今回のフリーはまともに滑れなかった。彼ら(高橋陣営)が何をしたいのか理解できない」とバッサリ。「他のコーチよりもいい結果を出してきた自負がある」と最後まで自信満々だった。

12月7日7時1分配信 スポニチアネックス
***************

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-07 18:36 | フィギュアスケート
織田信成、安藤美姫選手が五輪内定!-グランプリファイナル 男女フリー
b0038294_0102980.jpg
グランプリファイナルのフリーが終了しました。
男子はエヴァン・ライサチェク選手(アメリカ)が優勝、織田信成選手が2位になり五輪内定を勝ち取りました。3位にジョニー・ウィアー選手です。
女子はキムヨナ選手がフリーで盛り返して優勝。ですが点数は200点越え連発の女王様らしからぬ180点台となり、安藤選手とはわずか3点差。
なんかこの「普通さ」が逆に五輪爆上げを予感させて怖いです・・・。
そして安藤選手が2位を守りきり五輪の内定を獲得しました。自身初のグランプリファイナルのメダルだそうで、ダブルでおめでとうございます!!
そして鈴木明子選手が会心の演技で初出場のグランプリファイナルで表彰台に乗る快挙です。本当におめでとうございます!

ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2009/2010
グランプリファイナルの順位と得点詳細。
今回はジュニアのグランプリファイナルも一緒に行われたので、上の部分はジュニアの項目になっていて、シニアの順位やスコアは画面中央から下くらいに「Men」「Ladies」の欄があります。
それぞれの種目の「Result」で総合順位と総合得点が、ショートプログラム(SP)とフリーの「Entries/Result Details」では得点詳細が、「Judges Score」では各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-05 20:50 | フィギュアスケート
グランプリファイナル 男女SP
b0038294_2221537.jpg
ついにグランプリファイナル(GPF)が始まりました。
男女ショートプログラム(SP)が終了。男子は高橋大輔選手がパーソナルベスト(PB)を更新しての1位、2位に0.1点差(!)でエヴァン・ライサチェク選手(アメリカ)、3位に織田信成選手が入りました。4位にはジョニー・ウィアー選手(アメリカ)。ここまではフリー次第で誰が勝ってもおかしくない状態です。

女子は安藤美姫選手が大きなミスのない演技で1位になりました!キム・ヨナ選手はここのところうまくいっていないフリップが抜けてしまい、SPで初めてノーミス演技とはならず2位。3位にロシアの新星アリョーナ・レオノワ選手が入りました。鈴木選手は5位。(最初4位と書いていました。大変失礼しました・・・)

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-12-04 22:03 | フィギュアスケート