プログラム、また振付師の重要性について -高橋大輔選手
b0038294_10572048.jpg

今季ほどプログラムというか、振付師の重要性について考えさせられたシーズンはなかった気がする。
スケートから気持ちが離れかけた浅田真央に、ローリー・ニコルが明るい曲調のプログラムを作って励まし力を与え、彼女の情熱を再び呼び覚ましたという直接的な効果を見た時。またフリーの「白鳥の湖」においてタチアナ・タラソワが彼女を「仮面舞踏会」「鐘」に続いて更にスケーターとしての「格」を上げるプログラムを作り今季絶対的な復活と力を見せつけたこと。これはポジティブな面での重要性だ。
しかしまた一方で、昨季あれだけ光を放っていた高橋大輔は、今季は苦しみ、あがき続けたままシーズンを終えた。ジャンプの調子が狂ったせいもあったが、プログラムを自身のキャリアで初めてシーズン途中で変更するなど、試行錯誤や迷いも感じられたシーズンだったと思う。


これから私が書くことが全て正しい訳ではないと思うし、その考えを読んで下さる皆様に押し付けるつもりはない。
プログラムや曲調にも好き好きはあるだろうし、それぞれの方の好みや選手に対する思い入れによってその感じ方は変化するのは当然だ。
なので読んで気分を害する方もいらっしゃるだろうが、これは私の個人的な感覚での見解ということでご理解頂きたい。また同じプログラムでも、今季全ての演技がそうだったということではない。例えば高橋大輔選手の「道化師」は全日本では神がかったような出来だったし、逆にシーズン序盤など全く響かなかった時もあった。そういう変動はあるけれど、大体の印象においてこう感じた、という意味だということはご了承いただきたい。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-03-28 10:43 | フィギュアスケート
お詫び -2013年世界選手権の記事について
b0038294_20243584.jpg
2013年世界選手権の記事について、男子ショートプログラムの記事をアップしたままずっと放置状態になっており申し訳なく思っております。

いつもいつも遅い更新にも拘わらず読んで下さっている方々にはまことに申し訳ございませんが、今回世界選手権の記事はアップしないという決断をしました。
実際は女子ショートプログラムの途中(ほぼ終盤)までは書いていたのですが、それ以上どうしても書き進めることが出来ませんでした。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-03-21 18:38 | フィギュアスケート
凄まじいハイレベルの戦い、日本勢は思わぬ苦戦 -2013年世界選手権・男子シングル
b0038294_18551590.jpg
2013年世界選手権がカナダのロンドンで(と書くとちょっと変な感じがしますが)始まりました!
男子シングルはショートプログラム(SP)から4回転(クワド)を当然のように入れるハイレベルな戦い。やはり毎年行われる試合の中で一番大きな、権威ある試合となる世界選手権は選手にとって特別な試合なんだなというのを改めて感じました。これまでの試合とは桁違いの緊張感というものを選手の表情や会場の雰囲気から感じ取ることが出来ました。
特に今大会は、来年行われるソチ五輪の各国出場枠が成績によって決まるという、通常よりも更に重要性が増した試合であるためか、SPから激しく火花の散るような戦いとなりました。

地元カナダのパトリック・チャン選手は今季苦しんでいましたが、今大会見事な演技を見せてトップ、2位にはパーソナルベストを大幅に更新するパーフェクトな演技を見せたデニス・テン選手が、3位には四大陸選手権での優勝で大きく自信をつけたケヴィン・レイノルズ選手が入りました!
日本男子は高橋大輔選手が4トウループ(4T)は両足着氷になったもののミスを最小限に抑えて4位、羽生結弦選手が体調を崩した影響を引きずりジャンプミスが重なってしまい9位、無良崇人選手は4Tが1回転に抜けてしまうミスがあり11位スタート。
五輪出場枠「3」は同国の出場選手中上位2人の順位の合計が「13」以内という規定となっています。盤石と思われた日本男子の「3枠」が少し危うい状態となっていますが、フリーで巻き返してくれると信じています!!


ISU World Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-03-14 19:17 | フィギュアスケート
鈴木明子選手、ソチ五輪挑戦について語る
b0038294_17511193.jpg

産経エクスプレスに連載中の「鈴木明子のHAPPY SKATING」において、明子選手がグランプリファイナル後にソチ五輪挑戦を明言したことについて、彼女の考えを語ってくれています。

「「ソチ五輪挑戦」 腹くくった」 鈴木明子のHAPPY SKATING -2013年2月27日

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-27 17:54 | フィギュアスケート
浅田真央選手、「最高レベルの演技」で優勝、日本女子が表彰台を独占 -2013年四大陸選手権(その2)
b0038294_1815598.jpg

2013年四大陸選手権・女子シングル・フリーの記事の続きです。


ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-20 17:58 | フィギュアスケート
浅田真央選手、「最高レベルの演技」で優勝、日本女子が表彰台を独占 -2013年四大陸選手権(その1)
b0038294_9244811.jpg

2013年四大陸選手権・女子シングルは、浅田真央選手が約5年ぶりとなる3フリップ-3ループ(3F-3Lo)の3回転の高難度コンビネーションジャンプと、トリプルアクセル(3A)を組み入れた「今の自分の最高レベルの演技」で臨み、回転不足は取られたものの転倒のない、流れを切らさない演技で205.45点で優勝です!
2位には鈴木明子選手、3位に村上佳菜子選手が入り、SPからの順位そのままに日本勢の強さをアピールした試合となりました。
4位にはクリスティーナ・ガオ選手、5位にジジュン・リー選手、6位にグレイシー・ゴールド選手が入り、若い力の台頭も強く印象付けた、見ごたえのある試合でした。


ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。


<関連コラム>
浅田真央選手、会心のトリプルアクセル -2013年四大陸選手権・女子SP  2013年2月19日
ケヴィン・レイノルズ選手が初優勝! -2013四大陸選手権・男子シングル  2013年2月13日
若さが席巻の男子SP -2013年四大陸選手権・男子シングル  2013年2月12日

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-20 09:35 | フィギュアスケート
浅田真央選手、会心のトリプルアクセル -2013年四大陸選手権・女子SP
b0038294_16185436.jpg
四大陸選手権・女子シングルは、地元開催の期待を受けた日本女子のトップ3が全員出場ということで、メダル独占も十分可能というムードが盛り上がっていましたが、彼女たちは見事に期待に応え、ショートプログラム(SP)から1位~3位を浅田真央選手、鈴木明子選手&村上佳菜子選手がそれぞれ会心の演技を見せて独占しました!

順位だけでなく、日本女子はそれぞれ自分たちの課題を乗り越えての神演技だったというのも素晴らしかった。
浅田真央選手は念願だったトリプルアクセル(3A)をついに今季初めてプログラムに組み入れ2年ぶりに回転不足等取られることなく成功、しかもGOE(出来栄え)加点1.57という素晴らしく高い評価を得るアクセルを見事に成功させました!
2位の鈴木明子選手は、今季前半は自分の中で浮き沈みが激しかったと話していましたが、今回心身ともにぴったりと合った自身も納得の会心の演技を見せ、村上佳菜子選手は今季一度もなしえていなかったSPをパーフェクトに滑りきるという目標を見事にクリア、弾けるような笑顔を見せました!

ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。


<関連コラム>
ケヴィン・レイノルズ選手が初優勝! -2013四大陸選手権・男子シングル  2013年2月13日
若さが席巻の男子SP -2013年四大陸選手権・男子シングル  2013年2月12日

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-16 16:41 | フィギュアスケート
おもしろ記事:「知り合いじゃないの!?真央『ミーシャっていうんだ。へ~』」
b0038294_2150370.jpg
この記事は結構話題に(笑)なりましたが、記録用に記事にしておきます。

今年の四大陸選手権での、浅田真央選手とミーシャ・ジー選手のエピソード。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-14 11:00 | フィギュアスケート
ケヴィン・レイノルズ選手が初優勝! -2013四大陸選手権・男子シングル
b0038294_943320.jpg

世界選手権を前に充実したメンバーでの戦いとなった四大陸選手権・男子シングルは、ショートプログラム(SP)6位のケヴィン・レイノルズ選手が3回の4回転(クワド)を決めたパーフェクトな演技を見せ、見事逆転優勝を飾りました!
SP1位の羽生選手はジャンプ等にミスが出てしまいましたが2位、3位には中国の新星・ハンヤン選手が入りました!
最年長が22歳のケヴィンという、ものすごくフレッシュな表彰台となりました。皆さん本当におめでとうございます!!

高橋大輔選手はフリーはここ数年ないほどにミスが重なってしまい7位、無良崇人選手は8位となりました。

ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-13 09:58 | フィギュアスケート
若さが席巻の男子SP -2013年四大陸選手権・男子シングル
b0038294_135928100.jpg
四大陸選手権が始まりました。今年は大阪!
現在世界で一番フィギュアスケートが盛り上がっている日本開催ということで、公式練習からたくさんの観客が入って大盛況のようです。
そして今年の四大陸は出場選手の年齢層が若い選手も多くて、すごくフレッシュな感じ。その分どうなるのか?というワクワク感がありました。

男子のショートプログラム(SP)では、羽生結弦選手がコンビネーションジャンプでミスが出たもののトップスタートとなり、2位にはこれがシニア初戦(ですよね?)の中国初の世界ジュニア王者、ハン・ヤン選手がいきなりの神演技で入っています!そして3位には一時の不調から着実に調子を戻しつつあるリチャード・ドーンブッシュ選手が入りました。
高橋大輔選手は自身のキャリアで初めてシーズン中に曲を変更、「ロックンロールメドレー」から「月光」と曲調も180度変えてきました。まだ演技がこなれてないこともありジャンプにミスも出て4位スタート。無良崇人選手はジャンプをまとめましたが8位スタートとなっています。


ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。

続きを読む
# by toramomo0926 | 2013-02-09 14:00 | フィギュアスケート