シビれる日本シリーズ-ジャイアンツ王手
b0038294_1358172.jpg今日からフィギュアスケートはNHK杯ということで楽しみなのですが、また一方でものすごい盛り上がりを見せているのがプロ野球日本シリーズ。

私たち夫婦はスポーツ観戦が大好きで、野球も年に数回ながらも見に行きます。
ダンナさんが巨人ファンなので基本は巨人を応援しているのですが、今年のパリーグ覇者は日本ハムファイターズ。

日ハムも素晴らしい選手が多い球団ですし、梨田監督は選手時代(近鉄でしたね)や引退後にNHK解説者をされていた頃から好きでしたので、今年のシリーズはどっちが勝ってもいいなーと思っていました。
なので今年は結構心穏やかに、楽しんで見られるかなと思っていたのですが、いやーここまで白熱するとは思いませんでしたね。
どちらが勝つにしても最後の最後まで気が抜けず、両チームともすごい粘り強い野球をしていて、見ていてドキドキするしすごく興奮しますね。これぞ野球!!!って感じです。


昨日の試合も、見ててシビれましたね。
状況的に双方2勝敗で、勝った方がシリーズ優勝に王手という重要な試合ということもありましたが、試合自体も緊迫したもので、目が離せませんでした。




序盤で巨人がエラーがらみで先制され、日ハム的には勝ちパターン、巨人的には重いムードのまま終盤へ。しかし8回以降試合は大きく動きます。
8回裏にイ・スンヨプ選手が「出塁だけを考えていた」という気迫でデッドボールを呼び込み(?)、彼の代走として俊足を誇る東北の星・鈴木選手が出ました。

鈴木選手はすぐさま次の打者の初球に2塁へ盗塁。彼の足は日ハムもかなり警戒していたようで、盗塁を気にしすぎた林投手は牽制悪送球をしてしまいます。その隙に鈴木選手は3塁に出塁。これは本当に大きかった。
b0038294_14124466.jpg
走られると分かっていても防げないというところに俊足ぶりがしのばれます。そしてその後の牽制悪送球は「足の速い選手が得点圏にいる」ということがいかに相手バッテリーにとってプレッシャーになるかがよくわかりますね。

そして代打の切り札、大道選手登場!
大道選手は元ソフトバンクホークスの選手で、御年40歳とかなりのベテラン。若い頃はスラッガーとして鳴らしましたが、今は先発出場は殆どありません。
ですが、代打という一発勝負にめっぽう強く、私的には大道=絶対何かやってくれる、という信頼感みたいなものがあります。
私の信頼は裏切られることなく、かなりファールで粘ったあげくにライト前にタイムリーヒットを放ち、鈴木選手が生還、同点に追いつきます!
b0038294_1422050.jpg
何度も何度も、力いっぱいガッツポーズをしていたのが印象的でした。この打席がどんなに重要かは勿論わかっていたはずなので、嬉しさを爆発させていましたね。

これで巨人に流れが来たかと思った9回表、日ハムの4番・高橋選手がすかさずソロホームラン!土壇場で再び勝ち越します。
b0038294_1431037.jpg
取ったら取り返す、絶対王手をかけて札幌に帰るという気迫を感じました。

ここまで見て、正直「ああ、巨人ダメかな・・・・」と私は思いました。
大道選手のタイムリーで「いけるかも?」と思ったのですが、すかさず返されましたからね・・・。試合全体の支配状況としても日ハムの方が有利かなーと感じていました。東京ドームの雰囲気もそんな感じに見えました。

しかし。
ここで亀井選手登場。
シーズン中は勝負強さを存分にアピールしていましたが、シリーズは打率がかなり悪かった。
しかし交代直後の日ハム鉄壁のストッパー・武田投手の初球を振り抜き、大きな弾道がライトの観客席に飛び込むホームラン!!!
b0038294_14383951.jpg
もう、我が家は全員(2名だけど)「おおー!」と両手を挙げていました(笑)

続く坂本選手は凡退してしまいましたが、次の打者は阿部慎之助捕手。
ジャイアンツのリーダーであり、ここ一番での勝負強さは抜群。特に決めればサヨナラ勝ち、という場面に強く「サヨナラ慎ちゃん」と言われるほどサヨナラヒットやホームランも量産している選手です。
全国のファンの期待に応えて、見事目の覚めるようなライナーのホームランを打ち、ジャイアンツがサヨナラ勝ちです!!

091105 8回大道タイムリー・9回亀井同点HR・阿部サヨナラHR

大道選手のガッツポーズ、亀井選手と阿部選手が打った瞬間、客席が総立ちになるのが鳥肌モノです。また、負けた日ハムのベンチで梨田監督がキャッチャーや選手の肩をたたいて労っている様子もじーんとします。

武田選手は試合に出て4球で負けてしまったわけで、あとのダメージが心配ですね・・・。
でも先発陣はダルビッシュも(怪我が心配とはいえ)もう一度投げられる状況ではありますが、巨人は先発どうするんだろう。内海も高橋尚もイマイチ安定してないしなあ・・・。


ところで、私は阿部慎之助選手は入団した時から好きです。
勝負強いし、プロ入りしてから驚くほどすんなりと、大学とプロのギャップを感じさせることなくプロ野球になじんできた。
あの「ウナギイヌに似てる」と有名な底抜けに明るい笑顔もいいですね。イケメンではないんだけど(失礼)、人をひきつける笑顔だと思います。
b0038294_15103753.jpg
そっくりというわけではないけど、イメージとしては似てる気がする(笑)

彼は昨年のシーズンからチームのキャプテンになりました。
彼はずっと明るいチームのムードメーカーというイメージで、実際チーム内ではそういうポジションだったのではないかと思いますが、キャプテンになってからは更に深いところでチーム全体を支える屋台骨の役割を立派に果たしているようですね。
キャッチャーってただでさえ大変なポジションなのに、投手だけで なくチーム全体を見渡すことができていて、選手一人ひとりへの目配りが出来ている。
若手を萎縮させることなく叱咤やアドバイスをし、チームのムード作りもする。
更に自分のバットでも勝利に貢献する。
すごい選手ですね。こういうことが出来る人が真のリーダーだと思います。

キャプテン阿部慎之助 知られざる涙と変化

試合ではわからない、彼のチームに対する貢献の深さがよくわかります。
これは報道ステーションの特集ですが、こういう選手の動きや表情を日常的にカメラで追っていたことに驚きました。とても興味深い特集だったと思います。

どの選手のインタビューを聞いても、今のジャイアンツはものすごくよくまとまってチームワークがうまく作用しているようですね。原監督が若手をしっかり育てて、かつ大道選手のようなベテランもバランスよく配置できているということもありますが、阿部選手の目配りというのがかなり影響を与えているのではないでしょうか。


今日は移動日で、明日から札幌に舞台を移した戦いが始まります。
本当にこのシリーズだけはどちらが勝つのか全く予想ができません。久し振りに高いレベルで実力が拮抗した良い試合を連日見せてくれているので、野球ファンとしては本当にエキサイティングなシリーズとなっています。
どちらが勝っても、歴史に残る名勝負となると思います。

ファイターズ&ジャイアンツの選手のみなさん、怪我に気をつけて残りの試合頑張ってください!
by toramomo0926 | 2009-11-06 14:08 | スポーツ


<< NHK杯!-女子シングルSP 織田信成と鈴木明子のアベック優... >>