2009年 11月 21日 ( 2 )
スケートカナダ、男女SP
b0038294_21551796.jpg
グランプリシリーズ最終戦であるスケートカナダが始まりました。
男子・女子ともにショートプログラム(SP)が終了し、男子は1位がジェレミー・アボット選手(アメリカ)、2位に高橋大輔選手(おめでとう!)、3位は16歳のデニス・テン選手(カザフスタン)選手が飛び込みました!
女子は1位は地元ジョアニー・ロシェット選手が唯一70点を出して貫禄の首位、2位にアリッサ・シズニー選手、3位に長洲未来選手のアメリカ勢が入りました。
日本の鈴木明子選手は8位。しかし、鈴木明子選手から2位のシズニー選手まで10点、彼女のグランプリファイナル(GPF)出場ラインである4位j0ラウラ・レピスト選手(フィンランド)までは3点もない状況で、中国杯に続いてフリーで逆転することも充分可能です。
男子も高橋選手とアボット選手の差は3点以下ということで、フリーは男女ともに接戦ですね。うーん、盛り上がってきましたよ!

ISU Grand Prix 2009 Homesence Skate Canada International
スケートカナダの順位と得点詳細。
それぞれの種目の「Result」で順位と得点が、ショートプログラム(SP)の「Entries/Result Details」では得点詳細が確認できます。
「Judges Score」では各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができますが、これはフリー終了後にSP、フリーともに公開されるため、まだ開けません。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-11-21 21:14 | フィギュアスケート
エキシビジョンの意味-浅田真央とキムヨナの違い
すごい動画を見つけました。
今季の浅田真央選手とキムヨナ選手のエキシビジョン(EX)ナンバーを画面2分割で同時再生したものなのですが、キム選手の演技時間が真央選手よりずっと短いのです。
この動画は2人が同時に演技を終えるようになっているのですが、真央選手が2回目のジャンプを跳んだ頃にキム選手はやっと動き出すくらい。真央選手が演技を始めたとき、キム選手はリンクの上にすらいません。


EX 両者比較(音楽:カプリース)

音楽の長さも当然違うので、この動画では真央選手の「カプリース」を流しています。
ちなみにキム選手の使用曲は「Don't Stop the Music」。
演技終了時、真央選手のほうが運動量はずっと多いと思われるのですが、息が切れてないように見えるのはすごい。
また、真央選手はスパイラルの時、足を持とうとした手が外れるというアクシデントがありましたが、手の補助なしでも足のポジションの高さは変わりませんでした。すごい筋力ですね。

続きを読む
by toramomo0926 | 2009-11-21 11:30 | フィギュアスケート