2011年 02月 01日 ( 1 )
男子は大波乱の表彰台 -2011全米選手権
b0038294_7401776.jpg
全米選手権の男子シングルは、私にとっては驚愕の表彰台となりました。
正直、予想してた表彰台の顔ぶれと全然違う!!!

エヴァン・ライサチェク選手、ジョニー・ウィアー選手という両雄が今季競技を休んでいるため、顔ぶれは新しくなるだろうとは思っていました。
そして、これからはジェレミー・アボット選手を筆頭に、新勢力としてアダム・リッポン選手、スケートアメリカで初の台乗りを果たしたアーミン・マーバヌーサデー選手などがひょっとしたら表彰台かも?などとぼんやり考えていたのですが・・・。
特にアボット選手が表彰台にいないのは驚きました。まあ、全米選手権はなぜか4位まで表彰台は用意されているのですが、ライサ&ジョニー不在の全米で、3位以内に入らなかったというのは意外でした。

五輪後、力を溜めていた新勢力がぐっと台頭し、アメリカの新時代、新序列形成の始まりを予感させる大会にもなりましたね。やはりアメリカは層が厚い。

2011 U.S. Figure Skating Championships
順位と得点詳細。
でそれぞれの種目の「Final」で総合順位と総合得点およびショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点と順位が、
「Final」を開いた後、各選手の「Total Score」の右側にある「+」を開くとではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

続きを読む
by toramomo0926 | 2011-02-01 07:40 | フィギュアスケート