2012年 03月 30日 ( 1 )
波乱と達成がせめぎ合う女子SP -2012世界選手権
b0038294_773798.jpg
2012年世界選手権、女子シングル・ショートプログラム(SP)が始まりました。
今年は優勝候補の選手にミスが出たり、若い選手が躍進したりという波乱含みの幕開けとなっています。

トップにはノーミスの弾けるような演技をしたアリョーナ・レオノワ選手、2位にはこれまたパーフェクトを大舞台でやり遂げた村上佳菜子選手!そして3位には今季大活躍のカロリーナ・コストナー選手がつけています。
浅田真央選手は冒頭のトリプルアクセル(3A)の転倒があり4位、鈴木明子選手は5位。
ということで日本選手は全員、フリーでは最終グループで滑れることになりました。


ISU World Figure Skating Championships 2012

順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。
*ちなみに「Preliminary Round」は予選を指します。本選分のスコアは予選の下にあります。

続きを読む
by toramomo0926 | 2012-03-30 00:50 | フィギュアスケート