2012年 10月 27日 ( 1 )
良くも悪くも予想外の展開 -2012スケートカナダ・女子SP
b0038294_16242751.jpg
グランプリシリーズ(GPS)第二戦となるスケートカナダが始まりました。スケートアメリカとは競技順が変わって今回は女子からスタート。
女子ショートプログラム(SP)ではエレーネ・ゲデバニシビリ選手が自身も涙を見せる程の会心の演技でトップ、2位には地元カナダ出身で今季シニアデビュー、シニアでも躍進するとの声が高かったケイトリン・オスモンド選手が入りました!
そして3位には、昨季の不振から別人のような素晴らしい演技を見せたクセニア・マカロワ選手が!
そして今回自信を持って挑んだ村上佳菜子選手はノーミスながら4位、鈴木明子選手も演技後笑顔を見せて手ごたえを感じていたようだったのですが5位という波乱。更に昨季グランプリシリーズでいきなり2勝するなどシニアを荒らしたエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手がまさかの6位。やはり今季シニア本格デビューで、4月の国別対抗戦でも素晴らしい演技をし活躍を期待されているグレイシー・ゴールド選手が9位という、事前にファンが漠然と予想していた状況とは全く違う展開になっています。


ISU Grand Prix Skate Canada International 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。
(試合が進むにつれ更新されます)

続きを読む
by toramomo0926 | 2012-10-27 09:25 | フィギュアスケート