2012年 12月 24日 ( 1 )
羽生結弦選手が初の全日本制覇 -2012全日本選手権
b0038294_1025049.jpg

全日本選手権が終了。
世界トップレベルの選手が世界で一番集まっている層の厚さを誇る日本の国内王者を決める戦いです。
この試合の結果が世界選手権への出場枠を事実上決める戦いになることから、ここ数年「日本代表への道が一番険しい」と言われています。
パトリック・チャン選手が「ボクは全日本選手権に出なくて済むからラッキー」と発言したというのが話題になりましたが、間違いなく世界中のスケーターや関係者が注目していると思います。

そんな今大会で男子の優勝は羽生結弦選手。18歳、高校3年生で初の全日本王者となりました。
2位にはSPとフリーで観客を魅了し、特にフリーではスポーツの枠を超えた、文字通り鳥肌ものの演技を見せた高橋大輔選手!
3位は今季フランス杯での優勝を自信に、この大舞台で彼の良さを存分に出し切った演技をした無良崇人選手が入り、自身2度目の全日本の表彰台を勝ち取りました。
おめでとうございます!!!

*12/27:記事追記しました。


第81回全日本フィギュアスケート選手権
順位と得点詳細。
「競技結果」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「滑走順/得点詳細」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細を、「ジャッジスコア」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

続きを読む
by toramomo0926 | 2012-12-24 10:59 | フィギュアスケート