2013年 02月 09日 ( 1 )
若さが席巻の男子SP -2013年四大陸選手権・男子シングル
b0038294_135928100.jpg
四大陸選手権が始まりました。今年は大阪!
現在世界で一番フィギュアスケートが盛り上がっている日本開催ということで、公式練習からたくさんの観客が入って大盛況のようです。
そして今年の四大陸は出場選手の年齢層が若い選手も多くて、すごくフレッシュな感じ。その分どうなるのか?というワクワク感がありました。

男子のショートプログラム(SP)では、羽生結弦選手がコンビネーションジャンプでミスが出たもののトップスタートとなり、2位にはこれがシニア初戦(ですよね?)の中国初の世界ジュニア王者、ハン・ヤン選手がいきなりの神演技で入っています!そして3位には一時の不調から着実に調子を戻しつつあるリチャード・ドーンブッシュ選手が入りました。
高橋大輔選手は自身のキャリアで初めてシーズン中に曲を変更、「ロックンロールメドレー」から「月光」と曲調も180度変えてきました。まだ演技がこなれてないこともありジャンプにミスも出て4位スタート。無良崇人選手はジャンプをまとめましたが8位スタートとなっています。


ISU Four Continents Figure Skating Championships 2013
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*四大陸選手権は、英語名の頭文字(Four Continents Championships)を取って「4CC」と表記されることが多いです。

続きを読む
by toramomo0926 | 2013-02-09 14:00 | フィギュアスケート